ノブナガ・ザ・ゲームマスター

作者 解田明

115

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 題名、あらすじからは、どうしても「織田信長」という存在との間に、凄まじいギャップを受けましたが、読み進めていくと、「案外、ありなのでは?」と思えるから不思議です。

 歴史上の人物として、ありとあらゆる作家、研究者から掘り下げられ、日本で1、2を争う人物である信長ですが、それ故に誰が書いたとしても、現実の信長が頂点に存在し、フィクションとしての面白さが損なわれない存在ではあるのですが、今作、それが一段と色濃くあるため、「アリだ」と感じたのだと思います。

 戦国時代の人が現代に来ているのだから当然、戸惑いがあり、それを描いてもいるのですが、それ以上に感じるのは、「常に真剣である」というのが古今東西、人間の活動に於ける基本だと感じさせられるのが、とにかく痛快です。

 遊びだからこそ、遊びだけれど、遊びも…色々と言い方はあるのですが、「真剣であるから楽しい」「真剣である事は大切」という事を、説くに強く感じました。

★★★ Excellent!!!

第一章まで読み進めました。
本能寺にてまさに自害しようとしていた信長は、天文学的な確率で現代に召喚されてしまう。
そんな信長がハマってしまったのは、ジャージとTRPG!
この設定、目の付け所がすごくいいです!
歴史的背景を織り込みながらTRPGを理解し、嗜む信長と一緒にゲームをしている感覚でした。
めちゃくちゃ面白くて、早く続きが読みたいです!

★★★ Excellent!!!

TRPGというのは、実に素晴らしく面白い遊戯・娯楽であり趣味であると私は思います。
その魅力が、TRPGへの愛が、ぎゅっと詰まった作品です。
TRPGを愛する人は、是非これを読む事をお勧めします。
TRPGを愛して良かった……心の底からそう思える、爽やかで感動的な読書体験を齎してくれる小説です!

★★★ Excellent!!!

 TRPGで異世界転生で信長、かなりのイロモノ作品かと思いきや、歴史の小ネタを挟みつつ、TRPGの遊び方について丁寧に書いてある。
 初めてTRPGで遊ぶ人が何を手がかりにしてキャラを作り、どう考えて遊ぶのか。逆にTRPGに慣れた人には、初心者への接し方、相手が何を考えているのか。あとサラリといくつかのTRPGシステムを紹介しているので、自分が知らないシステムを知ることができる。TRPGに関わっているなら、これらを読むだけでも参考になる。
 物語の方向性には個々人の好みがあるので、万人向けとは断言できないが、「TRPG」というキーワードに反応した人には読んで損はない。むしろ、解説動画や下手な商業How To本より参考になる。
 また、歴史の小ネタが短く差し込まれつつ面白いので読んでいてテンポよく、読者を飽きさせない工夫がされている。

★★★ Excellent!!!

ゲームマスターのお仕事とは公法(ルールブック)を用いて、万民(プレイヤーの方々)を安らがせ、外敵(PC)をぶち殺す事です。
あれ?

これに最適な人材が本能寺の火焔の中から現れる!!
戦国武将の殺気は残しつつ、かなりフレンドリー&ラブリーに。

転移してきたノブナガと、あの『比叡山炎上』、そして『D&D』をプレイするというゲーマーにとっての楽園小説です。

★★★ Excellent!!!

 一度は本能寺で死を覚悟した織田信長が、ひょんなことから現代にタイムスリップして
TRPGを楽しむことになるというお話です。

 やや短気で何事にも興味を示す傾奇者的な性格はそのままに、しかし一度死の瀬戸際を体験したことと
違う時代へとタイムスリップしたことが契機となっているのか、
苛烈さはなりを潜めており、後世の技術や遊戯への興味を強くしています。
 読んでいて「ああ、これこそ織田信長のイメージだよな」という納得感が、
非常に強く感じられ、物語に強く引き込んでくれます。

 本来西洋テイストのクトゥルフを、信長に通じるように和風に変えて楽しむ等、
読み手にとっても趣向が面白くなっています。
 今後も非常に続きが楽しみな作品の一つです。

★★★ Excellent!!!

信長がダイス事故で現代に召喚されてTRPGをする――言葉にするだけでなんとドキドキするようなストーリーでしょう。加えてこの作品の特筆すべき点は初心者でも分かりやすく丁寧に書いていることです。TRPGの魅力、説明、そして遊び方。それだけではなく信長の歴史を丁寧に解説を交えながら、それでいて嫌味を感じさせない素晴らしい語り口。おそらくこの作品は傑作になるでしょう。いえ、傑作になりつつある、もしくは既になっていると言っても過言ではありません。完結を楽しみに読ませていただきます

★★★ Excellent!!!

物語が始まったばかりとはいえ、興味を惹かれましたw
偶然召喚された織田信長のキャラクターもコミカルでありながら、信長らしい部分も垣間見えたり、それと、歴史的補足の入れ方やTRPGの説明などの導入が上手でスッと入り込んでスラスラ読めます。
今後、主人公と信長がどのようにTRPGを楽しみに、物語がどう展開してゆくのか楽しみです(≧∇≦)/