ストロナペスへの断罪

作者 星崎ゆうき

ディストピアが描く人間存在の輪郭

  • ★★★ Excellent!!!

とても興味深く読ませていただきました。
深遠なテーマを扱いながらも、すごくわかりやすく簡潔にまとまっているように感じました。
ただ難点をあげるならば、長編で読みたい…!
作中のキーワードである7つの罪がもっと深く掘り下げられ、理想社会というディストピアとそこで生きる人間たちの真実が露わになる様が見てみたい…!

短編としての完成度は高いです。きっとこれから読むあなたも、私と同じ思いに駆られることでしょう!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 近未来、先進国の都合により、内戦に巻き込まれたアザニアという国の復興と再開発による、またもや先進国の都合による格差を前提とした社会。

 そのなかで、人が生きるうえでの立場のちがいが、そのまま行き… 続きを読む

阿僧祇 遍さんの他のおすすめレビュー 7