座敷”なし”わらしの終わりの日々

アイオイ アクト

座敷”なし”わらしの終わりの日々

 つらなる山のずっとおくのおく。

 きいろに光る日がのぼると、石をもつ小さな手が、こけむした大きな岩に線をかく。


 たての線と、よこの線。そして少しだけ、ななめの線。

 たての線は、きのうなにもなかった時。

 よこの線は、きのうなにかあった時。

 ななめの線は、きのうがとても楽しかった時。


 その線をかいたのは小さな子どもだった。

 線をかいたら山道をとぶようにおりて、すみかにしている座敷がある小さな宿へともどる。


 むかしにかいた線がまたこけむして消えてしまうほど前から、ずっとしていることだった。





「今年で四年生になりました、いつもありがとうございます、座敷わらしさま」


 男の子が、部屋の小上がりにむかって礼をした。

 小上がりには足のふみ場もないほど、お菓子やおもちゃがしきつめられていた。


 座敷わらしとよばれた子は、男の子のうしろに立っていた。

 だれにも気づかれず、そこにいた。


 毎年やってきてくれる男の子と背くらべをするのが、わらしの楽しみだった。


 男の子がはじめてここにやってきた時、この子はとてもやせていて、苦しそうだった。

 この子のお父さんは、毎年ここへきては男の子の病気をなおしてくださいというので、わらしはその願いをかなえた。



 男の子はすくすくと育ち、今年の背くらべは男の子の勝ちだった。

 一度負けたら、もう勝てない。


 はらいせに、男の子のひざのうらを手でちょいと押してやる。


「うわぁっ!」


 男の子がお菓子の山の上にひっくりかえった。


「トシオ、座敷わらしさまに失礼だぞ」


 お父さんがおこってしまった。


「トシオ、ちゃんとしなさい」


 お母さんが男の子をだきおこすと、男の子は真っ赤な顔で痛そうにしていた。


「お菓子、食べていいよ」


 ばつが悪い気分になったわらしは、男の子の耳元でささやいた。


「だ、だれ?」

「わらしさまの声だよ。なんとおっしゃっていたんだい」

「お、お菓子、食べていいって」

「いただきなさい、いただきなさい。わらしさま、ありがとうございます」


 子どもたちがお菓子に夢中になった。


 またきて欲しいな。お菓子ならあるから。


 ことばはなかなか届かないけれど。わらしは毎日そう思い続けていた。





 こけむす石に、たての線は増えるばかりだった。

 だけどその日は、明日の朝はななめの線を描けると思った。


「あなた、どうしてここにいるの?」


 だれもやってこなかった山道に、ゆかたのような服につっかけばきだけの女の子が立っていた。


「あなたのお名前は?」


 女の子には、わらしが見えているようだった。


「わらし」

「そんな名前の子はいないわ。わらしは『子ども』という意味だもの」


 いつもわらしさまとよばれているのに、それは名前ではないらしい。


「お名前は?」


 わらしは分からないというよりなかった。


「おうちはどこ?」

「分からない」


 知らない人がたくさんくるあの宿の座敷は、家とはいえないと思った。


「ねぇ、あなたのお名前は?」

「分からない」


「どうしてここにいるの? どうしてお着物を着ているの?」

「分からない」



 困った顔をした女の子は、山道の木のに手をかけて下を見た。


「きれいな川ね。これを見にきたの?」


 わらしはちがうといった。

 女の子と同じようにのぞくと、谷のに川がながれていた。


「ねぇ、あなたはいつもここにいるの?」


「朝はいる」


「なら、また明日会えるね」


 自分勝手な子だと、わらしは思った。

 話すだけ話して、明日もここにくるという。


 でも、わらしにとってそれは、とても楽しみだった。





 毎日会って、毎日お話ができる。

 はじめてのことだった。女の子にはわらしが見えて、声もきこえた。


 女の子はわらしに名前をいわなかった。わらしに名前がないなら、自分も名前なんていらないといって。



「うわぁ、お菓子だ」


 お菓子を両手いっぱいかかえていくと、女の子はとてもよろこんでくれた。


「あなたはお金もちなのね」


「お金はないけど、お菓子はみんながくれる」


「うふふ、ありがとう。いっぱいもらっちゃうね」


 外国の字が書かれた丸いチョコレートが気に入ったのか、女の子はそれをいくつも口に入れていた。でも、たくさんは食べてはくれなかった。


「もっと食べないの?」


「お菓子はね、ちょっとだけ食べるからおいしいのよ」


 そうか。明日はちょっとだけにしよう。わらしはそう思った。





 楽しかった。

 女の子はわらしが知らない話をたくさんしてくれた。


 大人になってはたらくと、お金をもらえること。

 子どもは結婚するとお母さんのおなかから生まれてくること。

 死ぬというのは、ずっと会えなくなること。人はをとると死んでしまうこと。をとらなくても、死んでしまう人もいること。


「じゃあ、またね」


 女の子はゆっくりと、山道をおりてゆく。

 少しずつ、歩く早さはおそくなっていった。


 楽しい時間がもうすぐ終わってしまう。わらしは、それがわかっていた。





「ごめんね。ここまでくるだけで、つかれて、ねむくなっちゃうの」


 女の子は丸いチョコレートを一つ、口に入れただけだった。

 わらしは知っていた。女の子の元気がなくてやせていくのは病気だから。あの男の子といっしょだった。



「ねぇ、あなたがお菓子をいっぱいもってるの、座敷わらしだからでしょう?」

「知ってるの?」


「うん。近くの宿にお願いをかなえてくれる子どもがいるってお話。でも、あなたはちがうでしょ。わたしのお願い、かなわないもの」


 わらしは女の子の願いを知っていた。

 でも、お願いをかなえたら、もう会えなくなってしまう。


「ねぇ、どうしてお願いかなえてくれないのかな? 看護婦さんにだまってお菓子食べたから?」


「ちがうよ」


「おはなしができなくなっちゃうから?」


 わらしはなにもいえなかった。


「ほんとはね、毎日いっぱいおちゅうしゃされてるのにね、おなかがいたいの。今もね、すごくいたいの」


 分かっていた。女の子はずっとおなかをさすっているから。

 たくさんはぁはぁいっていて、もう、立てないかもしれないこと。それなのに、わらしに会いにきてくれた。


「いたいの、なくせるよ」


「いたいのなくなってもね、だめなの」

「どうして?」


「お父さんとお母さんがこないって。おでんわも出てくれないって、看護婦さんに毎日いわれるの。おなかを切って、悪いところをとらないといけないのに、それはお父さんがしていいっていわないとできないの」


 そんな。

 この子はひとりになってしまった。もう、大人になる方法がなくなってしまったのだと、わらしには分かった。



「だから、お願い、かなえて」

「いやだ」


 女の子は体をふるわせていた。


「いたいの。お願い」


 女の子は泣きながらわらしにお願いをした。


「かな……える」


「ありがとう。やっぱりあなたは座敷わらしなのね」


 わらしは、うんといった。


 女の子は体になにも悪いところがないように、すくっと立ち上がった。



「わぁ、すごい。どこもいたくないなんてはじめて」


 女の子はうれしそうに笑った。

 そして、しっかりしたあしどりで、山道のさくの前に立った。



「じゃあ、またね」


 そういうと、女の子は山道のさくをのりこえて、わらしに笑顔をむけながら、谷の下の川へと、消えていった。





 こけむした岩は、たての線だけになった。

 わらしは毎日、山道に丸いチョコレートをおいた。


 だれにも見つからないところで、ずっとねむっていたい。女の子はそう願ったから、かなえた。


 でも、わらしは毎日女の子が好きなチョコレートと、たくさんのお菓子を持って山へのぼった。


 きっと女の子は、知らないうちにお菓子を食べにきてくれると、わらしは思った。

 でも、お菓子はいつも生き物にとられているか、そのままおいてあった。


 それでも、わらしは毎日毎日、お菓子をおいた。





 いつしか、わらしは毎日山道に立っていた。

 座敷があった宿は、もうずっと前になくなっていた。


 わらしは女の子がねむる山道に、ずっといるしかなかった。

 きのう地面がゆれて、山道のさくがなくなった。

 道もくずれしてしまったから、わらしも下へとおりることができなくなった。



「会いたくない。会いたくない。会いたくない」


 あの子になんか、会いたくない。わらしは心の中でくりかえした。


「さみしくない。さみしくない。さみしくない」


 だれにもわらしが見えなくて、あげられるお菓子もないけれど、さびしいなんて思わない。思いたくなかった。


 カァー、カァーと、カラスがないた。


 カラスも、そこにわらしがいることに気づかない。動物も虫も、なにもわらしに気づかない。見てくれたのは、あの子だけ。



「会いたい。会いたい」


 目からぽろぽろと、なにかが出た。



 山道から下を見ると、女の子が消えていった川が見えた。


「さみしいよ。会いたいよ」


 座敷すらなくしたわらしは、はじめて思った。


「会いたいよ。お願いだから、帰ってきて」


 そうだ。会いにいこう。わらしはそのまま目をとじて、足を前へとふみ出そうとして、できなかった。



 わらしはうしろへと、引っぱられていた。

 どうしてと、わらしはいいたかったけれど、おどろいてなにもいえなかった。


「もう。やっとお願いしたのね」


 わらしの手を引っぱった女の子はそういって笑った。


「あなたはお願いをかなえられるのよ。どうして早く自分のお願いをいわなかったの?」


「だって、見つかりたくないって、ねむりたいって」


「わたしは、またねっていったのに」


 おぼえている。またねと、いっていた。

 またねといったのに、帰ってきてくれなかったから、さびしかった。



「さぁ、いきましょう。あなたのお願いはかなうから」


「いいの?」


「うん。もう、お父さんもお母さんもずっとむかしにいなくなっちゃったもの。わたしには、あなたしかいないもの。あなたも、座敷のわらしなんでしょう」


「うん」


「いっしょに生まれかわろうって、お願いしよう?」


 わらしはうなずくと、女の子の手をとった。


 ふたたび歩きはじめた二人は、下の川へとおちることはなかった。


「おひさま、あったかいね」


「うん」


 ふたりはすこしずつ、すこしずつ、空の上へとのぼって、きいろいおひさまへと近づいて、やがておひさまのまぶしい光の中へと、ゆっくりと、ゆっくりと近づき、やがてまばゆい光の中へと、消えていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

座敷”なし”わらしの終わりの日々 アイオイ アクト @jfresh

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ