第5話 源五郎

 カラカラと笑い合った後、源次郎は小首をかしげて、

「それにしても、室賀むろが殿は、しつようというか、何というか……妙に源五兄上にしゅうちゃくがあるように見受けられましたが?」


「うむ……」


 雲母きららの上で燃えることもせず、芳香を発している小さな黒い粒を、源五郎は愛おしげに見つめている。

 ややあって、唐突に、


「室賀の家のはいこうみょうには、決まり事があるらしい」


 源五郎がつぶやくがごとく言った。


 元来、輩行というのは「その一族のうちで同世代の者」といった意味であったそうな。つまり兄弟、範囲を広げて従兄弟いとこあたりまでの親族のことをいう。

 その輩行のなかでの序列を表すのがはいこうのみょうである。長男に太郎、次男に二郎あるいは次郎、三男に三郎……と名付けるだ。

 そしてこのはいこうめいは、功を立てて主君からりょうめい――かみであるとか、兵衛ひょうえであるとか、右衛門うえもんであるとか――を授かるまで、本名を呼ぶのを忌避きひする通称名として用いられた。

 これは、本名はその人間の霊そのものであり、その名を呼ぶことでその人物を支配することが出来る、という一種の信仰に基づいた風習だ。他人を本名で呼んで良いのは親や主君のみであり、そうでない者がむやみに本名で呼ぶことは無礼の極みである、と考えられていた。

 兎も角、輩行は本来順番を表すのが目的であるのだが、皆が皆が輩行の順に数字を振っただけの名付けをすれば、どうしても同名の者が増えてしまう。一族が増えれば、誰かの長男、誰かの次男は、それこそねずみざんに増えるのだ。

 時代が下がり、どこの長男・次男を区別する必要が生じると、輩行名に一文字二文字を足した命名が増えてゆく。



「例えれば……海野本家は輩行に『小』を付けるのが習わしだ。といった具合だ」


 源五郎は指を折りながら、を言い上げる。


「我らの父上は元々が海野の分家の真田の更に分家の出ゆえに、はじめはろうさぶろうを名乗った。長じてげんもんを称したのは、このときは海野の本家も真田のそれも、武運拙く滅びたものと思ってのことで、ならば生き残ったおのれをみなもととして真田を復興させようと、おのれ自身に誓ったから、らしい」


「私も源太兄上より、そのようにうかがっております」


 ここで源次郎が口にした「源太」は、無論父のことでは無く、長兄の源太郎、受領名・源太左衛門尉の方のことである。


「そして自分のせがれの輩行には『源』や『徳』の文字を乗せた。長男は源太郎、次男は徳次郎」


「さようで」


 源五郎の言葉に、源次郎は一々うなずき、相槌を打って聞く。


「ところが、だ」


 大きく息を吐くと、源五郎は、


「俺とお前、我らが二人が生まれた時、順序で言えば三郎に四郎であるはずが、親父殿は『に繋がる』などと面倒なことを言い出したと聞いた」


 呆れかえった口ぶりでいった。目は笑っている。

 真田幸綱は、


など真っ二つに断ち切ってしまえ』


 と言って、四男を源郎にしてしまった。

 それだけで済ましてしまえばまだ良いものを、


『分けたが余った。もったいない故、このはお前が背負え』


 とばかりに、


「順序立てればげんざぶろうであるはずのこの俺の名前に、余った二を足し込んで、源郎にしてしまった」


「兄上に余分を背負わせ、なにやら申し訳ない心持ちです」


 源五郎と源次郎は鼻面を合わせて、互いの苦笑いを見た。


「それでな……。兵部がとやらの名を源七郎と言っていたところから察するに、室賀家は輩行の頭に『源』を付けるらしい。これは俺の勝手な想像だが、せいげんの流れだから、かな」


 室賀家に限らぬ。真田家も清和源氏海野うんの氏を自称している。


「なるほど……それが、どういう?」


「だからな、兵部の二人下の弟はというそうな」


「はぁ……?」


「その二人上の兄であったなら――きちんと順序立てて、決まり通りに名付けられたならば、のことだが――兵部のそれは、七から二つ引いてというのが順当だということになるだろう?」


「……あっ。では、兄上と同じ……」


「まあ、あやつは最初に会った時……確か、俺たちよりも二、三年ほど後に証人として送られてきたと思ったが……まだ十歳とおばかりのわっぱであるくせに、早々と親のりょうめいを引き継いで兵部と名乗っていた。その前になんと名乗っていたのかなど、聞きもしないし、聞く必要も無いことだ。だから俺は、あやつの前名がなんであったのか、本当のことは知りもしないし、知る必要も無い」


 源五郎はニタリと笑った。源次郎が色めきだって、


「いや、きっとそうです。間違いない。だから兄上を……」


「鏡に映った自分おのれのように思っていたのかも知れない」



 親兄弟と引き離された源五郎。孤独に耐える源五郎。功を立てる源五郎。褒美を貰う源五郎。人の妬みを買う源五郎。主君に愛される源五郎。

 自分もかくありたい、いやありたくない。自分であれば良いのに、いや自分でなくて良かった。

 羨ましく、妬ましく、うれしく、悔しい。


「似ても似つかぬ鏡映しだ」


 源五郎は、立てきられた戸障子の、その向こう側に去って行った男の背中を幻視していた。

 やがて、


「ま、よくは解らぬが、な」


 ぽつりと言って、薄く笑った。


「……で、だ」


 一度、大きく息を着いた源五郎は、おもてから笑顔を全く消し去り、弟の顔をじっと見た。


「何事か、あったのか?」


 薄い笑みは、源次郎の顔に移行した。


「源太兄上の所から使いが来ました」


「ほう?」


 きなくさ気に首をかしげる源五郎に、源次郎は懐から取り出した紙切れを示した。


「お屋形様からのお許しは、もう頂戴して参りました」


 結び文にしてあったらしい小さな紙片一杯に、勢いよく、力強く、しかしおそろしく薄い墨で書かれいる文字が、ただ二つ。



 火急



 源五郎がその文字を見終えたとみるや、源次郎は火箸を取り、火桶の灰の上の雲母きららの薄片を、乗せられているたきもの諸共持ち上げた。空いた灰の上に紙片を落とす。

 紙片は見る見る茶色く変じ、更に黒変し、崩れ、消えた。


「源太兄上も大概だが、源次よ、おまえも性急せっかちだな」


 言い終らぬうちに立ち上がる源五郎の、その言葉が終わるまえに源次郎も立ち上がっていた。


「源五兄上には及びもつかぬ事で」


 躑躅ヶ崎館内人質屋敷の、真田兄弟の居室には、もはや、甘く焦げ臭い香りだけが残されるのみであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます