ミサキ~四つの御魂と縁の言霊~

作者 結葉 天樹

すっきり読みやすくて甘酸っぱい青春、退魔和風ファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

 誰にでも、自信をもってお勧めできる青春退魔ファンタジーです。

 高校二年生、戦国時代から続く古武道の家柄で、お料理男子の海斗へ、突然の落雷とともに「ミサキ」と名乗る女の子が憑りついてしまいます。しかも、その女の子は「ミサキ」という名前、以外何も覚えてない。姿は見えないのに、年齢は海斗君と同じ年。
 どたばた楽しいラブコメが始まったと思ったら……

 逢魔が時、そのキーワードともに、海斗くんの周りの女の子たちが、謎の怪異に狙われ始めます。海斗と「ミサキ」、ふたりのコンビによる退魔バトルが始まるのですが…… そこは読んで確かめてください。

 拝読して良かったと思えたのが、メインキャラクターの誰もが一生懸命な想いを抱いていることでしょうか。それに、何気ない会話のやり取りに表情が感じられる、そんな気がします。海斗君のまわりにいる女の子たちも、お母さん、おじいちゃんも、言葉や笑顔や振る舞いで想いを伝えあおうとしている感じがするんです。ときどき、一生懸命なあまり、魔に魅入られてしまうこともあるけど……

 甘酸っぱくて爽やかな、和風青春退魔ファンタジー。読むと、きっと、登場キャラの誰かを応援したくなりますよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

天菜真祭さんの他のおすすめレビュー 121