超人は夢を見ない:ZARATHUSTRA HAVEN'T EGO

作者 藤井機斎

僕らが見たかった、ミリタリSF×ロボットモノの一つの可能性

  • ★★★ Excellent!!!

近未来SFの文脈の上に、巨大ロボット要素が乗っかって来る。
そんな作品を絶えず求めてしまうのは、自分のような者… ひいてはロボスキーという人種が欲張りだからなのでしょうか?
例えばハヤカワSFのミリタリSFを漁っている時でさえ、どこかで巨大ロボットが出て来てくれないか、という妄想を広げているのです。マジです。

しかし、なかなか見つからない。
そんな状況にあって、この超人は夢を見ないという作品は、まさに両ジャンルが適度に融合した雰囲気を描いてくれているのです。
ロボットアニメにSF要素が加えられているのではなく、あくまでハヤカワSFとして並んでいそうな近未来ミリタリSFの文脈にロボが違和感なく溶け込んでいる。これはなかなかニッチな需要ではあるのですが、まさに僕らが見たかった近未来ロボットモノの形です。

いささかゲーム的な雰囲気を残す場面もありますが、それ故に
「自分ならこの状況をどう切り抜けるのか」
「自分ならMBというロボットをどう配置しどう扱うのか」
そういった目線で楽しむことが出来るのではないでしょうか。

ここからの展開も含め、楽しみな一作です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鉄機 装撃郎さんの他のおすすめレビュー 156