超人は夢を見ない:ZARATHUSTRA HAVEN'T EGO

作者 藤井機斎 WizardFujii

没入せよ、耽美なる言葉で彩られた夢の中に。

  • ★★★ Excellent!!!

小説とは、作者の言葉遊びを読者がどのように体験するかのエンターテイメントだ。

この視点で評するならば、『没入感』という言葉をこの作品に贈りたい。

中身は、テクノロジーの応酬、ハードな世界に身を委ねる男達の世界。
反面、外見は美しい言葉で彩られた、未だ見ぬ世界の姿。

ポジ・ネガのような関係でありながら、表現として混ざり合ったこの作品は、読者を世界に没入させる。

そこに見えるだろうか、深きラピスラズリのように碧く美しい中東の夜に紛れる、二脚歩行車の立ち姿が。


『アトランティス人は夢を見ない』
——何故、超人は夢をみないのか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー