ダイエット

リエミ

ダイエット


 彼女は人には言えないが、体重が80キロあった。


 何度も痩せようとダイエットを試みたが、その度にリバウンド。少し痩せると、油断して食べてしまうのがいけなかった。


 ある朝、新聞に挟まれていた広告チラシを目にして、彼女は、もうこれしかない、と決意した。




 チラシを持って訪れたのは、ある合宿所。


 ここで専門のインストラクターに、特別な運動方法からカロリー計算まで、一日中、監視されながら過ごす企画に参加したのだ。


 インストラクターは、この日集まった三人の参加者を前にして、言った。


「私の指示に従っていれば、必ず体重は減る!」


「どのくらい減りますか?」


 80キロの彼女は聞いた。だが、インストラクターは、


「人の体質によって違うので、何キロかは断定できない!」


 と言った。


「だが必ず減る! それは断言する!」


 それを聞いて、彼女たち三人は、痩せるまで続けようと言い合った。


 契約書にサインしたが、いつでも途中放棄もできるルールだった。やめたくなったら、「やめます」と言えばいい。


 かくして、三人のダイエット合宿が始まったのだった。




 初日はご飯も普通に出た。


 彼女たちは、合宿所の周りを軽くジョギングし、その日の晩に、身体検査をするだけですんだ。


 しかし朝起きてみると、小さな事件が起こった。


 参加者の一人のサイフが、盗まれていたのだ。


 同じ参加者の鞄から見つかった。


 よって、80キロの彼女以外の、二人の参加者は、この企画を辞退した。


 急に二日目から、80キロの彼女は独りきりになり、インストラクターとマンツーマンで、指導を受けることになった。


 少し心細いが、痩せるためにがんばろう、と彼女は思った。




 お昼ご飯は、ご飯と梅干しのみだった。


 そしてジョギング。


 小腹が空いてきたな、と思ったころに、一緒にいたインストラクターが言った。


「しまった。もう水がない。ちょっとスーパーへ寄り道しよう。痩せるにも、水分不足は危険だからな」


 そこで彼女は、しんどかったが、スーパーまでインストラクターに付き合うことにした。


 だがその道中、インストラクターが言った。


「きみ、お金持ってるか?」


 なんとインストラクターのサイフからも、お金がスラれていたのだった。


「私は持って出てないわよ」


 と彼女が言うと、インストラクターはお金のないサイフから、カードを取り出し、


「銀行に寄ってからだ」


 と、向きを変えて言った。


 彼女も、それは仕方ない、と思って同行した。




 銀行は遠回りだったけど、なんとかたどり着いた。


 インストラクターが、お金を引き出してサイフに詰めると、ちょうど側にいた男が、怪しげに後ろをついてきた。


 銀行から出てスーパーへ向かう道、インストラクターは男を警戒しながら、彼女に言った。


「すまないがきみ、このサイフを持っていてくれ。私は男の気を引いて、あいつをとっ捕まえてやる」


 そして彼女の手にサイフを握らせ、インストラクターは走り出した。


 男も走り出した。


 しかしインストラクターを追いかけずに、彼女に向かって駆けてきた。


 サイフを渡したのを見られていたのだ。


 インストラクターは走ってどこかへ行ってしまった。


 彼女は慌てて逃げ出した。走りながら後ろを振り返ると、男が小型ナイフを握っているのが見えた。


 彼女は怖くなって、全速力で走った。


 追いつかれるギリギリのところで男は駆けてくる。どうやら、彼は足に自信がなさそうだった。


 しかし彼女は、全身の肉を揺らして駆けていた。


 これ以上走ったことなどないくらい、駆けていた。


 しばらくそうしている内に、サイフを手放せばいいのだということに気づいた。


 彼女は、すぐ後ろを走っている男めがけて、サイフを投げた。


 男はあんまり急だったので、何を投げられたか分からず、追跡を続けてしまった。


 そしてついに、彼女は男に捕まってしまったのだ。




 両者とも、立ち止まって、息を整えている。


 何か喋ろうにも、鼓動が早すぎて、二人ともつかえている。


 するとひょっこり、インストラクターが姿を見せた。


 彼は彼女の肩に手をおき、冷静な態度で言った。


「どうです、私たちのダイエット企画は」


 じつは、朝起こったサイフの盗難事件から、何もかもがやらせだった。


 水を彼女に手渡しながら、インストラクターは言った。


「こうでもしないと、最近の人は本気で走ってくれないのです。いくつかのハプニングがあってこそ、ダイエットは強化されるもの。明日にはまた、違う事件が本物のように起こるし、明後日にはまた、違うドッキリが。続けるか続けないかは、体重を量ってみてお答え下さい」


 彼女はインストラクターと、そしてナイフをチラつかせた男と、三人で合宿所に戻り、体重を量った。


 3キロ痩せていた。


「私、もうやめます」


 と彼女は、インストラクターに言った。


 彼女は思った。死ぬかと思うほど走らされ、たかが3キロ。そのためだけに、命を危険にさらすことなんてないわ。


 77キロの彼女は、今までこんなに真剣に痩せたことはないけれど、もう少し緩やかに、時間をかけてもいいから、真面目に痩せることにしましょう、と、心に決めた。


 インストラクターは、


「こんなにも即効性のある痩せ方なんて、他にないのだがねぇ」


 と、とても不思議がっていた。




 このダイエット方法は、しばらく注目を浴びていたが、心臓発作の犠牲者が出たため、あっという間に消えていった。


 そしてもう、新聞の広告にも載らなくなったのだった。




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ダイエット リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ