僕たちの帰り道

作者 ゆうすけ

136

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

坂道の下に学校があり、
坂道を登って帰宅する。

登下校の景色が鮮明に浮かびます。
バスの路線が細かく、正確で、まるで実在するかのよう。

徐々に明かされる主人公の過去とそれに対する溢れてやまない後悔の念。呼び名はこんなにも人を遠くする……。

ところが超純粋で一直線な刺客が現れててんやわんやもどかしく焦らされます。

主人公の恋の成就を願っていたはずが、個性溢れる登場人物たちに魅せられてついあちこち応援してしまう。中に入って楽しめる素晴らしい作品でした。

★★★ Excellent!!!

この話を最初読み出した時、まずひとつのこと、一つの単語を思いました。
「テンプレ」
そんな言葉が思い浮かびました。
ありふれた話。
王道であり、先人の物を踏襲したパロディに近い小説。テンプレーション。よく見るお話で、よくある話、だと。
そんな風に私は思いました。感じました。
異世界ものや魔王勇者、悪役令嬢などなど。
それらに連なる青春恋愛小説。
よくある、よく見る。
代わり映えしない日常小説。
だからこそ、そう思った時から、私はこの小説の続きを読みませんでした。
もし最後まで読んで仕舞えば、もっと厳しい言葉が出ると思ったからです。
作者にとって、自分の作品が、周りと遜色ない「ありふれた作品」と評価されることがどれほどに傷つける言葉なのか、私は、一物書きとしてよく知っているからです。
それから、しばらく。
私はこの小説を読むのをやめました。
開くのをやめました。

しかし、実際蓋を開ければ、その評価は一転しました。
いえ、一転という言い方は違いますか。
正確には「上書き」とするべきでしょう。
だって、別に、この小説は変わっていませんでした。変えられていませんでした。
何も変化はなく、今まで通り、よくある、どこかで見たことのある展開。
この小説は、最後まで変わらないまま、変わらずありふれた題材のまま、描かれ、紡がれ。
そして——終わりを迎えたのです。

それでも。
私が読み終えた後の感想は、前とは一転したものでした。
一転して変わっていました。
いきなりではありません。
だんだんと、ゆっくり。
私の気持ちは上書きされていきました。
なぜか。
それを正確に把握することなど私にはできませんが、それでも、あえて予想をするなら。
私はハマってしまったんだと思います。
作品に、ではありません。
作者に、でもありません。
この世界の住民に、のめり込んで、自分を投影してしまったのです。
共… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

幼なじみから彼氏彼女へ……しかし主人公一哉の残念ぶりから破局……友達には戻れたような……でも距離がある……未練たっぷりな状況の高校生活。
そこへ言い寄って来る女子が登場し、たじろぐ一哉。
さらに友人カップルに誤解が生じたり、幼なじみにもアタックしてくるイケメンが登場してヤキモキしたり……と、青春真っ盛りです。

アイドルが好きだったり、美人だけど怖い姉がいたり、バス代をケチったり、放課後デートもありぃの……やはり青春っ。

ぎゅぎゅっと高校時代特有の世界感が詰まった物語。
自転車や坂道が爽やかさを加速させている、無性にわけもなく走り出したくなるような作品です。

★★★ Excellent!!!

自分が女子校だったので、高校生の青春恋愛ってこんななんだ、いいなぁって!
とっても憧れました。

恋に必死な主人公を助ける登場人物が、個人的には魅力的。でも主人公もとても一途で、真剣です。

そしてさらに魅力を倍増させるのは、ゆうすけさんの街の描写。本当にバス路線を頭に描けるくらい、交差点で車が行き来する様子、発車するバスのタイヤが動く様が頭に浮かびます。

町の住人になった気持ちになりながら、一気に読めますよ。

★★★ Excellent!!!

自転車、坂道、友人、幼馴染み、恋。

学生時代、「ああこんなんだったなぁ」と思う人もいれば、「なんっちゅう羨ましいやつ!」と思う人もいるかもしれません。
やきもきしたり、美味しそうだったり、痛そうだったり、思わず応援したくなったり、読むととても爽やかで気持ちがいいおはなしです。
あとね、景色がすんごく綺麗。
あと女の子たちがいちいち可愛い。本当に可愛い。
等身大の彼らの毎日の帰り道を、是非たくさんの方に知ってもらいたいです。

★★★ Excellent!!!

完結前日に読み始め、一気読みで追い付いて最終話をお出迎えしました。そんな面白さです。

一言で青春。学校から帰る坂道。汗を拭って押す自転車。坂の上で笑う君。

ど直球の青春!

そんな物語は、ほろ苦さから始まって、どんどん苦みを増していきます。思春期ならではのたくさんの悩みに体当たりしながら、苦い、どこまでも苦い坂道を登って、それでも自転車で駆け抜けます。

そうしたら、最後は――


最高に苦くて、その向こうに最高に甘い青春物語。皆さんも一緒に坂を越えてみませんか?

★★★ Excellent!!!

好きな人と一緒に帰る、というシーンは誰もが経験したりしなかったりする青春の1ページなわけですが、本作はそれを「たぬき坂」という坂道をポイントにしてのぼったりくだったりしつつ、時にはぜぇはぁ言いながら、時には颯爽と、一生懸命にペダルを漕ぐように展開していきます。

キャラクターたちはそれぞれに魅力があって、軽快な会話がとても楽しかったです。
お節介な女友達、一途なクラスメイト、人遣いの荒い姉、むっつりオタクな友人、くそゲスな先輩などなど。
わりと受け身でダサめな思考回路の主人公ですが、そうしたキャラクター達に背中を押されたり腹を殴られたり魅惑的に迫られたり小悪魔的に振り回されたり自転車で爆走させられたり、いろんなのぼりくだりを経て、やがて自分の気持ちに行き着きます。
そうしてペダルを漕ぐ彼を応援しているうちに、物語は帰り道にて結末を迎えました。

青春真っ只中の方も、あの頃の自分を思い出すわ、という方も、青春なんかうんこだわ、という方も、ぜひ彼と一緒にぜぇはぁしたのちに、坂の上からの景色を見てもらいたいと思います。

★★★ Excellent!!!

幼馴染の女の子と、一緒に学校から帰る。
これを聞くだけで、何故か胸が締め付けられるほどのノスタルジーを感じるのは、私が歳をとったからでしょうか。

さて、本作。
少年少女の甘酸っぱい、まさしく「青春」のお話です。
幼馴染のミハルと付き合っていたけれど、別れてしまった主人公カズヤ。別れたもののミハルが気になる、でもカズヤを好いてくれるサナエちゃんが現れ、物語は混沌を極めて行き──。
このお話の結末はどうなるのか。是非とも、自分の青春時代と重ねてお読みください!
青春時代ど真ん中! 素晴らしい一作です!

★★★ Excellent!!!

 友達に戻った幼馴染の彼女。
 未練を引きずる主人公。

 期せずしてはじめることになった自転車通学。それまでバスで通りすぎるだけだったその道に見えてきたものは――。

 青春です。これぞ青春。まさしく青春。ほんとに青春……! いや、青春とかじつはよくわからないんですけどね。経験ないので。←

 でも、青春なんです……! 

 ……何回『青春』ていってるんでしょうね。いやもう、ほんと、すいませんなんだけど、青春としかいえない……!

 通学路。バス停。自転車。苦くて切なくて、とっても甘い帰り道。

 青春が青春で青春です。

 現役の学生さんも、遠く過ぎさってしまった大人のみなさんも、ぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

この作者さんの作品を読んでカクヨムにアカウントを作ったくらい好きな書き手さんです。ずっと追い続けております。


たまに作者はJKなのか?(性別、年齢詐称?)って思うくらい女子の心が丁寧に書かれていますし、あの頃にタイムスリップしたみたいです。


放課後の開放感を追体験しましょう!

推し作品です!
今後の展開にも目が離せなくなると思いますよ。

★★★ Excellent!!!

生き生きとした第一人称に、もうすっかり自分の気持ちを重ねて読んでいます!(ゆうすけさん、勝手にすいません)
友達に戻ったはずの彼女。だけど『僕』はどうしても、彼女を友達として見ることができずにいます。幼い頃からずっと一緒だった二人。なぜすれ違ってしまったのか、これから明かされるであろう秘密が、待ち遠しくて仕方ないです!

★★★ Excellent!!!

自転車で青春を颯爽と駆け抜けていく、恋愛小説です。

まず、場面や人物の設定が作りこまれている印象を受けます。
たとえば、毎回タイトルがバス停になっていて、情景にもこだわりを感じます。
また、会話のテンポがよく、登場人物たちの微妙な立ち位置が会話を通して浮かび上がってくるようです。

もともと文章がお上手な作者様の意欲作とお見受けしました。
物語はまだ序盤です。
この先の恋愛模様を一緒に楽しまれてはいかがでしょうか?