山本弘の闘病日記

作者 山本弘

いつか自分も脳梗塞になったときのために――

  • ★★★ Excellent!!!

映画や特撮の知識や感想を交えながら描かれる、脳梗塞になったときの闘病日記です。
立つことも困難になって救急車で運ばれ、それから道具の扱い方などの記憶も曖昧になり、まともに喋ることもできなくなる。そんな苦しい状況が続きます。作家として言葉を自由自在に操れなくなるのは致命的。一度は絶望の淵に立たされますが、妻や娘に支えられ、作家として復帰を目指していきます。
入院中に鑑賞したアニメや特撮、雑誌、特にハートキャッチプリキュア。そんな作品の魅力も詰まった日記。
こういうのを読んでいると、早く結婚したくなってきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 ――光輝く。

 作中で語られる闘病記は生々しく、曲がりなりにも小説を書いている身としては吐き気を催すほどの過酷さを伴って迫ってくる。
 だが、完全な闇かと言われれば決してそうではない。
 端的に… 続きを読む

ゴッドさんさんの他のおすすめレビュー 232