フェンリルさんちの末っ子は人間でした

作者 空色蜻蛉

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全125話

更新

  1. 真白山脈のフェンリル一家
  2. 01 人間辞めました
  3. 02 初めて竜を食べました
  4. 03 人間にさらわれました
  5. 04 これって家出にあたります?
  6. 05 迎えにきてください
  7. 06 懐かしいものを発見しました(10/31 改稿)
  8. 07 狩りの時間です(10/31 改稿)
  9. 08 久しぶりに戦いました(11/2 改稿)
  10. ゼフィの魔法
  11. 09 魔法使いの弟子になりました(1/16 改稿)
  12. 10 変身魔法は難しいです(11/6 改稿)
  13. 11 噴火を止めました(12/19 改稿)
  14. 12 新しい魔法を覚えました
  15. 13 未来の自分を召喚しました
  16. 14 ハンターをやっつけました
  17. 15 教師役も楽じゃないです
  18. 16 奇跡を起こしました
  19. 雪国の救世主
  20. 17 奴隷になる魔法を跳ね返しました
  21. 18 盗賊団のアジトで夕飯をご馳走になりました
  22. 19 兄たんの愛が暴走気味です
  23. 20 人間の国を征服するって本気ですか?
  24. 21 石ころを宝石に変えました
  25. 22 悪役が登場しました
  26. 23 偽物があらわれました
  27. 24 リベンジを企んでいます
  28. 25 本物は強いのです(12/12 改稿)
  29. 26 雪の妖精ではありません
  30. 27 王国を手に入れました
  31. 28 鯨を食べる夢を見ました
  32. 番外編 ロキとリネ
  33. 極夜の支配者
  34. 29 兄たんを探しに行きます(改題)
  35. 30 腹が減っては戦はできぬと言います
  36. 31 それは食材ではありません
  37. 32 使える魔法を増やしました
  38. 33 何でも食べ物に見えてしまいます
  39. 34 魔法の勝負をしました
  40. 35 時空転移が発生しました
  41. 36 一石三鳥を目指そうと思います
  42. 37 また人助けをしてしまいました
  43. 38 お祝いされました(改題)
  44. 番外編 ティオの帰省
  45. 英雄の後継
  46. 39 世の中、食べたり食べられたりです
  47. 40 兄弟一緒なら怖くないです
  48. 41 昔取った杵柄です
  49. 42 愛剣を研いでもらいます
  50. 43 いきなり勝負が始まりました
  51. 44 食べ物を粗末にしてはいけません
  52. 45 剣の精霊が現れました
  53. 46 歓迎パーティーでご馳走を食べました
  54. 47 精霊に名前を付けました
  55. 48 真の英雄ってなんですか
  56. 49 デザートは別腹です
  57. 新型魔導銃の秘密
  58. 50 銃と剣、どちらが強いですか
  59. 51 何とかとハサミは使いようです
  60. 52 またつまらぬものを斬ってしまいました
  61. 53 魔法使いは希少なようです
  62. 54 今日から探偵になります
  63. 55 縁を結びなおしてあげました
  64. 56 いよいよ竜騎士学校に入学します
  65. 57 竜の卵をもらいました
  66. 58 王女さまを助けました
  67. 59 ついに謎が解けました?
  68. 60 ひとの顔を見た途端に逃げ出さないでください
  69. 61 王子さまって誰ですか
  70. 62 好きな食べ物は最後にとっておく主義です
  71. 63 狩りは三兄弟そろってする約束です
  72. 64 邪神をやっつけました!
  73. 竜の娘
  74. 65 そろそろ竜の卵を食べようと思います
  75. 66 まったく予想外の子が生まれました
  76. 67 女の子とデートしました
  77. 68 昔の仲間に見つかってしまいました
  78. 69 聖女は裏表のギャップが激しいです
  79. 70 ちょっと里帰りしました
  80. 71 油断してしまいました
  81. 72 王女さまは疑っているようです
  82. 73 お祭りを見物しました
  83. 74 売られた喧嘩は買います
  84. 75 精神と時の部屋を作りました
  85. 76 魚は塩焼きが美味しいです
  86. 77 嘘はときどき本当になってしまいます
  87. 78 師匠の尻尾は美味しいのでしょうか
  88. 79 サクッと巨人を倒しました
  89. 地底の迷宮
  90. 80 時計を持ったウサギを追っかけた訳じゃありません
  91. 81 異文化コミュニケーションは楽しいです
  92. 82 地下迷宮都市ニダベリルより中継します
  93. 83 お酒はハタチになってからですか
  94. 84 縁起でも無いことを言わないでください
  95. 85 フェンリルのおじさんを助けてあげました
  96. 86 バッドエンドはお断りです
  97. 87 サーロインステーキが食べたいです
  98. 88 狂暴な嫁ですがもらってやってください
  99. 89 友達はずっと友達です
  100. 90 正直ご飯の時間が分かれば俺的には良いですが
  101. 91 幼馴染みを助けました
  102. 92 地上に帰ってきました!
  103. 番外編 その頃のイヴァン
  104. 不屈の剣
  105. 93 生肉も好きですが人間の料理も大好きです
  106. 94 スウェルレンの危機を救って迷子を拾いました
  107. 95 困った時は料理がしたくなります
  108. 96 剣の精霊は強い人間が好きらしい
  109. 97 剣は剣士の大事なパートナーですからね!
  110. 98 剣士になった理由を話します
  111. 99 勝ちたいと思うのは好きだからです
  112. 100 そろそろお腹が空いてきました
  113. 101 ニダベリルに再訪問しました
  114. 102 俺のご飯を取らないで兄たん
  115. 103 時計台に入りました
  116. 104 好みの焼き加減はミディアムレアです
  117. 105 天牙はグレードアップするらしいです
  118. 106 川から人間が流れてきました(10/13 改稿)
  119. 107 敵モンスターと宴会をしました
  120. 108 新しい剣が出来上がりました!(9/30 改稿)
  121. 109 ニュー天牙で試し切りしました
  122. 青竜の騎士《アールフェス修行編》
  123. 110 筋肉は大事だと思いますが……。
  124. 111 格好悪くても目的は達成します
  125. 112 重大な問題が発覚しました
  126. 113 食べようとしたら知り合いでした
  127. 114 口先だけではないと証明します
  128. 115 モフモフは竜肉が食べたいのです
  129. 116 美味しい朝ごはんを食べました
  130. 117 扱いが雑だと思いませんか
  131. 118 ミノ虫ではないのです
  132. 119 変なものを拾いました
  133. 新緑の巨人
  134. 120 真っ白な毛皮だけど腹黒なのです
  135. 121 策士策に溺れるというやつでしょうか
  136. 122 天の川はフェンリル作でした?