05 迎えにきてください


「ワンちゃーん、そこは寒いよー?」


 狩人の爺さんの孫娘、ティオが暖炉の前で手招きする。

 しかし俺はがんとして扉の近くから動かない。

 雪と氷でできているようなフェンリルが火の近くに寄るなんて、自殺行為だ。溶けちゃうよ。


「もうー」


 ティオは頬をふくらませたが、あきらめたようだ。

 暖炉だんろの前で服を着替え始める。

 ここは爺さんの家の中だ。


 フェンリル兄二匹が引きあげた後、俺は爺さんの家の中に連れ込まれた。

 俺は逃げ出した方がいいのかしらん、と悩んだ。

 しかし夕方になって外は吹雪が舞い始める。

 外で迷子になって、穴に落っこちたり、モンスターにおそわれたりしたら困る。真白山脈の最強はフェンリルといえ、俺はまだチビっ子だ。前に食べた竜だって、俺ひとりなら逆に食べられてしまうかもしれない。

 だから母上や兄たんが迎えにくるまで待つことにした。


 人間の家の中は、フェンリルの洞窟より暖かい。

 蒸し暑いと言っていいくらいだ。


 どうやら人間で体温の高い子供のティオも、そこそこ暑いと思っているらしく、綿の入っている分厚い上着を豪快にぽいぽい脱ぎ捨てている。


「ちょっと待って、女の子のはだかは……」


 ティオが下着に手をかけたのに気付き、俺はドキリとした。

 成人男性だった前世の記憶がやましい思いを抱かせる。


「なーに、ワンちゃん」

「ふえっ?!」


 キューンと鳴いた俺に気付いて、ティオはこちらを振り返る。

 ティオは輝くような金髪を背中まで伸ばした、可愛い女の子だ。

 成長途中の柔らかい体はすんなりしていて、胸にはふくらみが……ふくらみが無い?

 んんん?


「男ッ?!」


 ついでに股の間に女性には無いものを発見してしまい、俺は悲鳴をあげた。

 ああ、見たくないものを見てしまった気分だ。

 心がけがれてしまった……。


 俺の動揺をよそに、ティオはさっさと室内用の薄着に着替え終えた。


「ワンちゃん、母さまを紹介するね」


 すっかり意気消沈してしまった俺は、ティオに抱えられて為すすべなく部屋を移動させられた。

 別室のベッドに顔色の悪い女性が横たわっている。

 彼女とティオは親子らしく、髪の色や雰囲気が似ていた。


「ああ、ティオ。その子犬は……」

「母さま。お爺ちゃんと一緒に山に入ったときに、拾ったの!」


 ティオは俺の脇に手を入れて、ベッドに向けて「ほらこれ!」と見せびらかした。

 もはや抵抗する気力のない俺は少年の手の中でビローンと伸びている。


 病人らしいティオの母は、ベッドに横たわったまま、注意深く俺を観察した。

 血の気のない唇から祈りのような言葉がもれる。


「ああ、神様。この先に待つ過酷な運命からティオを守ってください……」


 なんだ? 俺がフェンリルの子供だと分かっているのか?

 真剣な目で見つめられて俺は不思議に思った。


「ティオ、家の外で服を脱いではだめよ。ちゃんと女の子らしい言葉使いと行動をするのよ。木に登ったり、動物を追いかけたりしてはだめ……」

「もう、分かってるよ! 母さまはしつこい!」


 親の思い子は知らず、か。

 ティオはうるさく言われてむくれているようだ。

 俺は隙を見て、ティオの手から飛び降りた。


「あっ! 逃げないでワンちゃん」


 逃げねーよ。ここで逃げても面倒なことになるだけだ。

 部屋の隅に積まれたわらの束の上に乗っかって、休憩の体勢をとる。

 

「ティオ、寝かせてあげなさい。それよりも、今日あったことを教えてくれる?」


 俺を捕まえようとしたティオを制止し、ティオの母親は穏やかな声を出しながら、布団から腕をだして少年の頭を撫でた。優しく愛情のこもった仕草だ。

 

「今日はね……」


 部屋の隅で丸くなって眠り始めた俺の姿を見て、ティオは安心したようだ。

 母親と向き合って会話を始める。

 

 パチパチと暖炉で焚き木がはぜる音がした。

 楽しげな母親と子供の話し声が聞こえる。

 強くなり始めた吹雪の音は、厚い壁に阻まれ、家族の団欒に温められて、静かな音楽のように遠くで鳴り響いた。


 俺はうつらうつら眠りながら、人間の頃の記憶を思い出していた。


 前世の俺の母親は、旅芸人一座の踊り子だったらしい。

 一座を脱退して父親と結婚した。

 歌と舞踊が得意な母親は、幼い俺に異国の歌や不思議な踊りを教えてくれた。

 いつも眠る前に聞かせてくれた子守歌、あれはどんな歌だったっけ……。


「ワンちゃん、唄ってるの……?」


 無意識のうちに俺は鼻歌を唄っていたらしい。

 まあ子犬の鳴き声なのでメロディーになっちゃいなかったと思うが。

 それにしても、はやく兄たん迎えにきてくれないかな。

 寂しくなっちゃうよ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます