少女と賢者の旅物語

作者 はとり

和やかな雰囲気に包まれて旅を続ける、独特の世界観が魅力的です!

  • ★★★ Excellent!!!

 10歳の少女ルベルと学者のセロアらが旅をしていく中で、色んな人たちと出会い様々なことを学ぶファンタジー小説です。

 ゲーム風ファンタジー小説として発表されていますが、終始和やかな雰囲気でお話が進むことが最大の特徴です。それでいながら人間を始め、魔族・獣人など、ファンタジー小説には欠かせないキャラも数多く登場します。しかも個性的なキャラばかりなので、人種や種族が異なるルベルたちと仲良くする場面もポイントだと思います。
 特にルベルたちと魔族たちとの会話が、まるで昔からの友達だったと思わせるほど親密な雰囲気となっています。

 同時に作者さまの作品に対する思いや世界観・文章力の素晴らしさなども、本作でしっかりと感じ取ることが出来ます。ほんわかした作風でありながら、RPGファンタジーの世界観が描かれている本作……自信を持っておすすめします!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月影 夏樹さんの他のおすすめレビュー 115