【書籍版発売中】指風鈴連続殺人事件 恋するカナリアと血獄の日記帳

作者 須崎正太郎

唐突に断ち切られた青春。血塗られた日記が語る殺人事件の真相とは。

  • ★★★ Excellent!!!

2001年、福岡某所で高校生が次々と殺された。
犯人はわからず、彼らの日記だけが残される。

日記を読み進めるにつれ、謎は深まっていく。
7年前、14年前、21年前の事件との関連は?

国道202号線、唐津街道は車で割とよく走る。
作中の情景には見覚えがあり、苦しくなった。

推測できた部分あり、わからない部分もあり。
モヤモヤが残る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

馳月基矢(旧PN:氷月あや)さんの他のおすすめレビュー 350