山野太一の、勘違いと愚痴と、それから…

作者 モノ柿

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全125話

更新

  1. 生活の半分
  2. 第1話 愚痴と言う名の独白。
  3. 第2話 美しい先輩に、惚れているとは気づかない。
  4. 第3話 唐突に表れた少女には、思惑よりも心の傷。
  5. 第4話 変態か、それとも先輩か。
  6. 第5話 変態の思惑が見えない。
  7. 第6話 人間関係の苦手さ。
  8. 第7話 バニーガールな先輩?
  9. 第8話 バタバタと事故って行く。
  10. 第9話 寝れない夜の柔らかな夢。
  11. 第10話 死あわせ? 幸せ?
  12. 第11話 日常の、ほのぼのさを感じられる方が異常
  13. 第12話 ほぼ初対面の三人の三角形な関係性。
  14. 第13話 二対一、お泊りイベントは色気がない。
  15. 第14話 考えてもやっぱりわからない。
  16. 第15話 二人の考えが一致しているのはそこだけではない。
  17. 第16話 知りたくなかったわ。
  18. 第17話 久しぶりなのは一人ではない。
  19. 第18話 追いつけない背中。認めたくない弟。
  20. 第19話 逃れられない血の繋がり。
  21. 第20話 優しさは偽善か、傲慢か。
  22. 第21話 交友関係の広がりが、彼に運んでくるものは。
  23. 人一人分
  24. 第22話 巨乳も貧乳もステータスですよね?
  25. 第23話 無実の罪。先生の会話。
  26. 第24話 器の違い。
  27. 第25話 兄弟の線引き。
  28. 第26話 巨悪の再来、しかしシリアスは御免。
  29. 第27話 意外な弱点。
  30. 第28話 学校行事の参加率は、成績には反映されないらしい。
  31. 第29話 勉強をする理由は個人の自由だが、自由は時に不自由を生む。
  32. 第30話 面倒ごとの順序通りの進め方。
  33. 第31話 両親登場。
  34. 第32話 家庭の事情を持つ三人。
  35. 第33話 先輩ばかりの毎日に、同級生と言う潤い。
  36. 第34話 平行線の向こうに立つ、誰かを忘れているような?
  37. 第35話 体格差のある二人三脚はハード。
  38. 第36話 疲労、怒り、蕩ける。
  39. 第37話 スペックの差は埋まらない。
  40. 第38話 一学期のイベントも、残す所あとテストのみ。
  41. 第39話 万能な男子。
  42. 第40話 秀才は天才に嫉妬し、兄は弟を可愛がる。
  43. 第41話 夏休み前の試験。
  44. 第42話 期末テストのイベント性なんてたかが知れてますよね。
  45. 第43話 入院と病院と、お見舞いと管の束。
  46. 第44話 光を見ない少年は、闇に気が付くこともない。
  47. 第45話 学校の隠し事、先生の秘め事。
  48. 第46話 シリアスと縁のない主人公。
  49. 第47話 事件の解決が本題とは限らない。
  50. 第48話 罪と罰の葛藤を、自らに強いる。
  51. 第49話 いつの間にか終わる、いつも通りの夏休み。
  52. 第50話 夏休み明けの授業って、基本ぼうっとしがちだよね。
  53. 第51話 功績は全て誰かの優しさで。
  54. 第52話 文化祭?学校祭?なんにしても良い思いではない。
  55. 第53話 文化祭の日の思いでは?
  56. 第54話 目に見えるものが全てだと気づくのに、この歳までかかった。
  57. 第55話 自分勝手な幸せと、自己満足な不幸せ。
  58. 第56話 目も当てられないほど美しい
  59. 第57話 白い床と、見知らぬエレベーター。
  60. 第58話 一般的な意見では。
  61. 第59話 学校では教えてくれない大切なこと。
  62. 第60話 何事も起きない。
  63. 第61話 怒られる理由は結構理不尽だったりする。
  64. 第62話 秋の寒さ、寂しさの初め。
  65. 第63話 病気治療のスペシャリスト、そんなのは存在しない。
  66. 第64話 クラスメイトとうろ覚えの名前。
  67. 第65話 ここから先は、神隠し。
  68. 第66話 状況はめまぐるしく変化する。臨機応変に対応するんだ!
  69. 第67話 記憶力の悪さが取り得。
  70. 第68話 発掘部の文化祭は、駄弁るだけで成立する。
  71. 第69話 大問題の横にはこまごまとした問題が山積中。
  72. 第70話 バニー、ロリ巨乳、巫女……。
  73. 第71話 迷走中。
  74. 第72話 物語としての歩み。
  75. 第73話 可愛い、優しい、苦しい。
  76. 第74話 辻褄合わせ。左右反転。
  77. 第75話 神様の虜囚。
  78. 第76話 大きい人。
  79. 第77話 波乱盤上。
  80. 第78話 だからといって、何も変わらないのだが。
  81. 第79話 可愛いはジャスティス!!!!
  82. 第80話 神仏習合には、賛同しかねる系男子。
  83. 第81話 独り言、久しぶりの愚痴。
  84. 第82話 それからそれからいったいなんだ?
  85. 第83話 この中に一つ現実がある。
  86. 第84話 対照だからといって、鏡写しというわけではない。
  87. 第85話 【過去回想】少し昔の話をしよう。
  88. 第86話 無礼者には罰を、感謝には慈悲を。
  89. 第87話 求めよ、さらば与えられん。
  90. 第88話 他力本願上等。
  91. 第89話 そ…それで良いの? 弓削綾音は思う。
  92. 第90話 巻き戻し。目に見えるものが全て。
  93. 第91話 同級生、壁、謎、同級生。
  94. 第92話 流れるままに。
  95. 第93話 土の違い。水の違い。
  96. 第94話 同級生と自分の部屋。
  97. 第95話 彼の中での三好里奈。
  98. 第96話 強攻策。彼女にとっての会心の一手。
  99. 第97話 マタシカル子と呼ばれる子。
  100. 第98話 だからそう、彼は彼女の夢を見る。
  101. 第99話 道との遭遇。だから何?
  102. 第100話 一つの手としての最終手段。
  103. 第101話 優しい、優しい、優しい。
  104. 第102話 ただ一言、お礼を言うだけのつもりだったのに。
  105. 第103話 寂しさ、感じろ。
  106. 第104話 天才と一般人の紙一重の差。
  107. 第105話 進む、解決編。
  108. 第106話 止まる、解決編。
  109. 第107話 二人きり、何も起きない月夜。
  110. 第108話 解決、というかネタばらし。
  111. 第109話 頑張れ三好さん。
  112. 第110話 ただの女の子との出会い。
  113. 第111話 ロリロリロリロリロリロリロリロリ。
  114. 第112話 結末が先。
  115. 第113話 一日一回、ごまかして乗り切る。
  116. 第114話 文化祭準備の地味さ加減。
  117. 第115話 事実進学校の学校祭までの一日。
  118. 第116話 本物の天才の兄であるということ。
  119. 第117話 これはある意味非日常。
  120. 第118話 さて、それでは次話から桜祭(文化祭)です。
  121. 第119話 更なる情報開示。加えられた伏線。
  122. 第120話 「初めまして」のない邂逅。
  123. 第121話 一日目、夜。
  124. 第122話 火花バチバチ?
  125. 第123話 いやいや、そんなこと言われても………。
  126. 第124話 今日の仕事はお預けかなぁ……。
  127. 第125話 幽霊の、正体見たり、あれなんだ?