槐神霊装伝エンジュ―現代呪術戦は魔都東京にて―(#槐エンジュ)

作者 鉄機 装撃郎

至近未来東京。見上げればそこに槐兵が「いる」リアル。

  • ★★★ Excellent!!!


カルト教団と公安警察が人知れず呪術戦を繰り広げる、舞台は至近未来の東京。

現代伝奇作品でありながら、古くは日本神話にも遡るオカルトパンクーーしかし最終的にロボット作品としての熱い文脈を外さない、どうにも絶妙なラインを渡る作風がとにかく読ませる作品。

読み進めれば進めるほどに作者の呪術知識や神話解釈が作品に上手く溶け込んでいる様に唸らされ、最終的にそれが主人公の登場する「呪操槐兵」を魅せる舞台装置として機能している演出の巧さが各所に光る。今まで見たことのない作風にも関わらず、槐兵同士が巨大ビル郡の狭間でしのぎを削り合う様が容易に脳裏に浮かんでくる。

幾ら呪いで身が蝕まれようとも、愛する娘を救う為、眼に映るもの全てを殺し進み続ける主人公、水鏡幻夜。

呪いを糧に起動する謎多き槐兵「御霊」。

ーー曰く。呪装槐兵は最強のステルス兵器と謳われる。あるいは今この時。大都会の空を見上げれば、そこに呪操槐兵がいるのかもしれない。

そんな妄想に駆られる面白さを生み出した作者に嫉妬の念すら産まれてしまうーー思わず口元がニヤリとするような演出がいやに光るこの作者、やはりあなどれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

零井あだむさんの他のおすすめレビュー 12