ブギーマン:ザ・フェイスレス

作者 下村智恵理

69

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ヒーローが生まれ、そして消えゆく伝説の始まりと終わりをこの目で見届けた事に対しての圧倒的読後感が、完結まで読み終えた後の胸に燃え上がるように広がっている。至近未来の東京を舞台に覆面ヒーロー「ブギーマン:ザ・フェイスレス」が様々な手段を駆使して戦うリアリティや、単純な善悪論で片付けられない社会悪と対峙するドラマの奥深さに、どこまでも惹きつけられる作品だった。

 友人の自殺をきっかけに始まったヴィジランテ活動が、果ては国際テロリスト集団との壮絶な戦いにまで発展する。"顔のない男"「ブギーマン:ザ・フェイスレス」として戦う主人公、憂井道也と、卓越したサイバー技術を駆使した近未来的戦法で戦う奇人ヒロイン、羽原紅子のコンビが魅せる戦いの最中、学園生活や思春期らしい恋愛、新たなる仲間たちが入り乱れながら進む、主人公周りの人間ドラマも凄く魅力的だった。

 現代にも通ずるインターネット社会の功罪、移民問題や3.11以後の社会不安から生まれたどす黒い巨悪に対し、如何に正義の鉄槌を下すかという問題に葛藤しながらも、高校生らしい思春期の青臭さで進んでいくドラマに引きつけられ、そしてブギーマンらの市街地戦闘や羽原紅子の仕掛けるサイバー戦には常に先の読めない、疾走感を覚える面白さがある。

 リアリティある設定の中で道也の「敢えて覆面で視界を隠す」戦い方はフィクションらしい斬新さがあり、後に登場する「ブギーマン・ザ・タンブラー」のパルクールを駆使した高速戦闘など、設定自体は常にどこか現代社会と地続きなリアリティを残しながらも外連味あるアクションで迫力を持たせた作風の塩梅がとにかく気持ち良くて、その点アメコミヒーローや特撮好きに刺さる内容かつ、物語自体の骨太さが社会派ドラマとしても相当高いクオリティを有していると思う。

 とにかく、読者に訴えかける「力」がある作品だと思った。放心するほどの読… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 非常に読み応えのある作品で、物語が展開するにつれぐいぐい惹きつけられます。
 現代社会において罪は、それを裁く法が機能して初めて認定され、罰せられます。では法が定める範囲に届かないもの、罪だと認定されないもの、そもそも社会に露見することがないものはすべて罪ではなく、したがって罰を受けなくていいのか。そんな現代のどうしようもないやりきれなさがしっかりと描かれ、胸に迫ってきます。
 人の悪意はいつでもどこでも存在していて、程度の大小に関わらず誰かを害している。そして小賢しい者はまっとうな追及の手を逃れ、安穏と悪事を繰り返し、人々を害し続ける――。そんな胸糞悪いやつらを見逃さず、まっとうでないやり方で罰を受けさせるため、主人公の憂井道哉と羽原紅子は奇妙な協力関係を結び、奔走します。それがなんとも痛快で、心から彼らを応援したくなります。息もつかせぬ巧みな戦闘描写、合間に交わされる軽快かつ秀逸な会話。読んでいて本当に快いです。
 それでも悪を罰した後はいつもハッピーエンドとは限らないし、彼らが救った人々が全てまったくの善人という訳でもありません。ただ、理不尽に何かを奪おうとする者を彼らは許しません。
 ヴィジランテとは崇高なのか、愚かなのか。複雑化した現代社会の中で、高校生という平穏を維持したまま存在し続けることができるのか。深刻な問いに彼らは正面から向き合い、時に悩み傷つき、足を止めながらも闘い続けます。驚異的な才能や技術を持っていても、彼らは十代の少年少女であり、一面には確かにそれぞれ等身大の感情も抱えています。顔のない仮面の下には血の通った心があり、それがより読み手を惹きつけてやみません。
 深いテーマを内包する社会派小説の要素もありながら、エンターテイメントとしても非常に面白い、読み応えのあるヒーローアクション小説です。この作品に出会えて本当によかったと思います。

★★★ Excellent!!!

近未来クライムヒーローアクション。
モチーフになったヒーローはいくつか浮かんだ。
それらを踏まえてもこの作品はとても面白く素晴らしい。
現実味のある巨悪。立ち向かうのは今作唯一のヒーロー。
この時点で個人的にはワクワクが止まらなかった。
数々のガジェットやハッキングの緻密な描写、現実に則した世界観、少し浮いた少年少女の恋愛模様なども特に魅力的だが、個人的に最も素晴らしいのは主人公ブギーマンフェイスレスの戦闘描写だ。その爽快感と確実性安心感は凄まじい。
ヒーロー好き、アクション好き、まあ兎に角読んでほしい。
間違いなく面白いから。




★★★ Excellent!!!

武術を学んでいる高校生・憂井道哉。
ある日彼は同級生がいじめられている現場に遭遇したのをきっかけに、正体を隠した正義の味方として活動することを決意する。

初めは学校の不良退治という身近な問題からスタートするが、話が進むにつれ、暴力団やコリアン・マフィア、政治団体などが絡んだ事件に遭遇し、どんどん物語のスケールは大きくなっていくからたまりません。

ただの高校生が、そんな大規模な犯罪組織を相手に戦うなんて、一歩間違えれば単なる荒唐無稽な与太話になりかねませんが、本作はドローンやARといったガジェットを使って、2020年代の東京という舞台にリアリティを与え、さらに道哉の相棒である紅子による、
犯行を防ぐためのハッキング描写なども丁寧に書きこみ、この物語に確かなリアリティを与えることに成功しています。

そして何より一番重要なことですが、黒い包帯で顔を隠して悪と戦う、ブギーマンが超カッコいい! 
ヒーローものが好きな読者は決して見逃してはならない一作です。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

舞台はまさに「少し先の現代」。
いつまでも前時代的な、弱肉強食の世界としての学校。
相互監視が進んだ、想像しうる未来。

そんな社会で、主人公・憂井道哉は、身近で起こった理不尽に対し抗いたいという、あいまいだけれど確かな気持ちを抱いている。どうすればわからないが、どうにかしたいと思っている。
彼の気持ちに、共感できる人は多いだろう。そして、彼が起こす行動にも。
だが、この生きづらい社会で生きて抗っているのは、道哉だけではない。そこがこの物語の、シビアで、リアルで、胸を刺す部分だ。

圧倒的な筆力とリアリズムで書かれた物語に、ぜひ触れてみて欲しい。

【第一話まで読了】