槐神霊装伝エンジュ―現代呪術戦は魔都東京にて―(#槐エンジュ)

作者 鉄機 装撃郎

呪術という理であり心であるものの物語

  • ★★★ Excellent!!!

神話的に、戦術的に、物理的に、極めて理論だって構築され描写される戦闘。
父と娘の、繊細で、切実で、悲しく、美しい、絆と愛情。
そのどちらもが呪という、怨念を以て緻密に細密に念入りに構築していく儀式の理と、呪わずにはいられない程の強い心の動き。
それを合一し見事に描き上げた、まさに「現代呪術」の名に偽りの無い物語。
ロボットものであり、泣ける物語でもあり、そのどちらもが、まさに呪術であるという一点に集約する、念入りな作劇の傑作です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

博元 裕央さんの他のおすすめレビュー 407