槐神霊装伝エンジュ―現代呪術戦は魔都東京にて―(#槐エンジュ)

作者 鉄機 装撃郎

どこまでも呪われた、それでいて暖かい愛

  • ★★★ Excellent!!!

呪術と巨大ロボット。

それはある意味相性が良く、そして難しい。

ロボットという人を超えた力を様式美をもって支配する流れが
魔術に似ていると仰った方がいますが。

それを成しえる為にはしっかりとした考察が必要で気軽に
纏められるものではない。

けれど本作はそれを成しえている。特にep6「見えざる純黒」

ここでロボット物としてのエンジュの魅力が開花するのだ。
それまで積み重ねた現代伝奇と特殊部隊を掛け合わせた
流れの枝葉にロボという華が咲くのだ。

そして、物語は結末に至った。そこにあるのは大筋としては
多くの人が想像した可能性の一つ。けれど呪というテーマをもって
描かれたこの終わり、あるいは始まりは最後まで読み終わった読者の
胸にしっかりと刻まれると思うのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ぜひ、読んでもらいたい作品。
呪術と銃撃戦が混在する戦闘シーンの描写が凄い。
清楚で可憐な美少女も、血生臭い銃撃戦も、渋い男の生き様も全部、魅せてくる凄い作品と思います。

凄惨な銃撃/呪術戦の果て… 続きを読む

ハムカツさんの他のおすすめレビュー 199