祓ってポン!

作者 波里久

40

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

霊が見えるばっかりに、トラブルに巻き込まれ、恋人には誤解され、自宅に引きこもっていた主人公ブンゴ。

彼の元にやってきたのは、従兄弟のテリー。
……いえ、外国人の従兄弟ではありません。「その筋の方ですか」と言いたくなる外見をしているテリーは、『たましずめ組』という除霊やお祓いをしている団体の組長しています。

テリーに才能を認められ、退魔師として活躍していくブンゴ……。

というか。
妙な才能に日々、目覚めていくブンゴ。

いいのか、ブンゴ。
それでいいのか!? 

そんな風に何度も確認したくなるのですが……。
話を追うごとに成長していく彼の姿を見ていると、「……いい、んだろう……、な」と己を納得させるのです。

コミカルでテンポ溢れるキャラクター達の会話は必見。
真面目にお馬鹿なことをやっているブンゴを、是非応援してやってください!

★★★ Excellent!!!

今回のお話も、波里さんの世界観が爆発していて、とっても面白いです。

視えてしまう体質のブンゴは、黒い影にまとわりつかれてしまい、仕方なく家でずっと引きこもり生活を送っていた。
しかしある日、いとこのテリーが現れ、その影を祓ってくれた。
その後テリーに、「ブンゴも組の構成員になって盛り立ててくれないか」と言われる。
テリーは、除霊、お祓いなどを行う"たましずめ組の組長"だったのだ。

どのキャラもとっても濃いので、その会話劇が読んでいてとても面白い!
みんな、まっすぐ自分の道を突き進んでいるキャラたちばかりなのです。

全裸!ゲロ!SMに、失禁!
全力でぶつかり合うキャラクターたちをぜひ、ごらんあれ。

会員制コスプレショップ【黒猫は眠らない】に行って、あの質問をされてみたい(笑)