見慣れた表札

作者 宮下愚弟

彼はどこにいて、どこへ向かって歩くのでしょう?

  • ★★★ Excellent!!!

変わるためには自分を知ること。自分を知るためには他人を知ること。今いる自分の位置も分からなければ目的地に行けないように、彼は迷子の作家志望の主人公さん。

そのたどり着く先はどこなのでしょう。きっと読者さん次第でしょうか。なので、その先をあなた自身で確認してみてください。これはきっと作者であり読者を映す鏡のような結末。

いつか自分の表札の『家』が見つかれば、創れれば、きっと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

と、紹介部分は厳しく書きましたが、実際のところ劇薬です。この主人公に感情移入しすぎると、あなたの執筆生活がピリオドを迎える可能性すらあります。
なのであくまで、厳しい現実の一例として受け入れてくださ… 続きを読む

柳の人さんの他のおすすめレビュー 143