捨てるに覚える子の慟哭を

作者 神取直樹

長編に匹敵する濃密な世界観。

  • ★★★ Excellent!!!

 黒髪と赤い瞳キャラクターの自主企画と、タグの「カニバリズム」にひかれて拝読しました。
 現代日本でありながら、登場人物たちからは平安貴族いや、それよりも以前の日本の世界に生きている匂いがしました。そして、原初の神や闇、異界の香もまた、濃厚です。
 物語は人間として扱われない少年と、それを取り巻く人々の陰謀から展開していくダークファンタジー。謎多き神の襲来と、少年をその神に捧げようとする人々の間で、主人公とそれを取り巻く人々が敵味方入り混じり、葛藤していく。しかしこの葛藤は心の内だけではなく、主人公たちの存在そのものが、葛藤にさいなまれるように語られている。
 
 神とは? その神という存在が本来的に求める物とは?
 人とは? 神の現身なのか?
 影とは? 物理的にではない、その意味とは?
 
 これは中編ですが、長編を拝読した後のような、満足感があります。
 古来系の世界観や名前が苦手な方には、説明書きから入ることをお勧めします。

 是非、ご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 826