捨てるに覚える子の慟哭を

作者 神取直樹

斯くして餓えていた少年は、描かれた道を行く

  • ★★★ Excellent!!!

 人間としての扱いを受けず、獣のように育った少年・大宮銃夜。彼はあるきっかけで、大宮支族、安倍家に受け入れられることとなる。
 そこで人間らしく愛を受け、人間らしさを知りつつあったが、その地では、謎の児童失踪事件が多発していた――

 「行くも餓えるもこれ一重」の番外編となる当作は、是非とも本編と合わせて読んでいただきたい。
 「行く餓え」らしく凄惨な事件、神に生贄、憎悪に呪詛、そして陰謀――そういったものが渦巻く世界は、しかし美しい描写で描かれる。陰惨な物語の果てに、銃夜は何を失い、何を得るのか。
 「行くも餓えるもこれ一重」を先に読んだ方はこれを読んで「行く餓え」世界にのめり込んでほしい。これを先に読んだ方は「行くも餓えるもこれ一重」への足掛かりとして、その世界に踏み入れてみてほしい。

 残酷で美しく、切ないこの世界に、魅了される人が増えることを望む。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ミカヅキさんの他のおすすめレビュー 32