見本市

作者 町田ヤン

語呂のいい日本語でアハハと笑おう

  • ★★★ Excellent!!!

なんだかとっても綺麗な文章で、呪詛や汚濁や諦観をまきちらかす。
キャッチコピーに思いっきり「真面目です」と書いてあるが、この小説の文章には、いつもいくらかの笑いが含まれている。
そうであるべきだ。(← That's the way it should beというのを日本語で言いたい。)
笑いの根幹にはいつも絶望がある。
真面目に絶望をやるから、笑える。
個人的には「シーマイナーと麺」のような、「私」基準でない文章もたくさん読みたいと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

kc_kc_さんの他のおすすめレビュー 25