クズの聖戦(旧稿版)

作者 坂口航

36

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

何かをしたわけでもないのに勝手に悟って倦んでいる高校生、柳田國広が、ある日唐突に一冊の魔導書を手に入れるところから物語は始まる。
魔導書を使って異世界に転移した國広は、そこで出会った謎の美女、リゼと共に旅に出ることになる。

この作品はこれから、魔導書を用いた戦闘に入る。
作者にとっては「初めての戦闘シーン」とのことだ。
タイトルや、キャラ設定に込められた深みに、作者はまだまだ表現したいことがたくさんあるようだ。
野心的でない作品など読みたくない。
『クズの聖戦』のこれからの展開に、期待は広がる。

★★★ Excellent!!!

序盤読んでいて、やけに主人公がひねくれてるなぁ…なんて思っていました(笑)
すると異世界へと転移してしまうという急展開には非常に驚きと作品としての魅力が伝わってきました。
文章もライトノベルらしさ全開の「おいっ!」と突っ込んでしまいそうな小ネタが多く非常に読んでいて面白かったです。
これからが楽しみな作品でした。