生きてる証しが欲しいから

作者 龍神 昇

明日も誰かに「おかえり」と言うために、生きる

  • ★★★ Excellent!!!

精神疾患と聞いて何を思い浮かべますか?
作業所って分かりますか?
作業所の時給をご存じですか?

このお話の中には、それらのことが、リアルに描かれています。

作者様が信頼した仲間達や、専門職が淡々と、だけど血の通う文章で丁寧に綴られ、気づけば毎日拝読しています。

作者様が最近、冒頭で「おかえりなさい」と書いてくださっているのも、とても魅力的です。

私もふと思うのです。
明日、誰かに「おかえり」とか「おはよう」というために、眼を覚まして、働いて、そして家に帰るのかな、と。
それを積み重ねることが、「生きていく」ということなのかな、と。

そんな「あたりまえのこと」を考えるきっかけを与えて下さる、作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

武州青嵐(さくら青嵐)さんの他のおすすめレビュー 569