Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ

作者 kao._.

152

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

内容は主人公の夏樹を中心に進んでいく異能ファンタジー。

特筆すべきはシナリオ風ノベルということで、セリフと独白のみで物語が進んでいき地の文がほぼありません。
しかし少ない文字数で多くの情報量が込められていて、読み手の想像力を掻き立てます。
もしかしたら、Web小説のジャンルを広げてくれるのではないかと、そんな可能性を感じる作品です。

個人的には、透明感のようなものを感じながら読み進めていました。

★★★ Excellent!!!

独特の表現、優しい語り口によって紡がれる物語は、輝いているように感じられます。
風に乗せてもらっているかのように自然と読み進められ、いつの間にか物語の世界に入り込んでいるような、不思議な魅力にあふれた作品ですね。
kaoさんの世界に、これまで何度も元気をいただいてきました。
この素敵な作品を、たくさんの人に読んでほしいと思います。

★★★ Excellent!!!

最新話更新まで読了でのレビューです。現代と異世界……ふたつの世界を描いたファンタジーなのですが、シナリオ風に描かれた【読む】でなく【観る】物語は、斬新な切り口で読み進めていくうちにワクワクした気持ちを呼び寄せてくれます。


個性豊かな登場人物達もまた、多彩な魅力に溢れています。


物語が今後どう流れていくのか……今後も【観る】ことを楽しみながら見届けていきたいと思います。


★★★ Excellent!!!

簡潔に分かりやすく表現されている一話一話を読んでいくうちに、異能力を持った主人公たちがこれからどうしていくのか、目が離せなくなってきます。

登場人物たちが、独特な世界観をさらに魅力的にさせており、不思議な感覚にとらわれる作品。

シナリオ調というのをはじめて拝読しましたが、非常に読みやすいです。
だからと言って意味がわからないということはなく、無駄なものは綺麗に削ぎ落とした斬新な小説です。

★★★ Excellent!!!

BGM: “One More Time” -Daft Punk-

 どこかにいそうな少年少女が、国家や組織と関わる非現実的な生活と、これから起きる危機に思いを馳せている。
 そんな時に思い浮かぶのは、舞台袖に黒い幕が垂れ、上からライトがステージへ降り注ぐ中、俺は檜舞台(というと古いが)から離れたところで、ゆったりとシートに座りながら彼らの演技を見ている光景。
 その文体がそうさせるのだと思う。演劇のシナリオ風であり、それでいて展開は平坦だ。キャラクターの日常的な会話や掘り下げにゆっくりと時間が割かれ、その一方で聖が野心を語るシーンがあるなど戦闘の存在など、どこか不穏な空気さえ感じられる。読みやすく、またゆっくりと読んだ時や駆け足で読んだ時の印象も変わってくる。
 斬新な感覚で読める、深いキャラクター愛に満たされたこの「演劇」に期待しています。

★★★ Excellent!!!

様々な魅力あるキャラが登場します。
最初はその数に圧倒されるかもしれません。
けれど、そのキャラクターすべてに役割がある。

ミステリアスな主人公・夏樹を中心とした群像劇。
お話が真実へ近づくにつれて、どんどんのめり込んでいく魅力があります。

小説のシーンをボイスドラマ化されています。
それを拝聴すると、このシナリオ風文章が、いかに無駄なく、そして情景や人物の心情をあますことなく書かれているかが良くわかります。

文章の表現の多彩さもさることながら、これから大きく動く物語の始まりを、ぜひ楽しんで下さい。

★★★ Excellent!!!

 能力者組織に所属する風を操る異能の力を持つ主人公、雨宮夏樹が人を「闇化」させるという時の欠片をめぐる事件に巻き込まれていく異能ファンタジー小説です。

 この作品の特徴としては、まず非常に読みやすかったです。
 1話あたりの文字数がそれほど多くなく、文章も読みやすいためあっという間に何話も読むことができました。
 シナリオ風に書かれ、作品を題材にしたボイスドラマもあるそうで、読みやすいのも納得だなと思いました。

 まだ現在の連載分からははっきりと明らかになっていない部分も多いのですが、作中に撒かれた設定は今後の展開を期待させてくれます。
 FOTに所属する能力者、雨宮夏樹の行く先にはいったい何が待ち受けているのでしょうか。
 
 闇や時の欠片、それをめぐるプロジェクトに別の世界の存在と気になる謎がちりばめられた、すごく読みやすい異能ファンタジー小説です。
 ぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

作者さまのお採りになったシナリオ風の文運びに、最初のページから惹きつけられます。
その斬新さと、軽快なリズムの魅力は群を抜いていて、ただでさえおもしろいお話をよりおもしろく読ませてくださいます。
先へ先へと、ページを進ませる手が止まらなくなること確実。ものがたりはまだまだ謎をも含んで、これからどうなってゆくのか、目が離せません。
続きを楽しみにしております・・!

★★★ Excellent!!!

舞台をイメージさせる物語の書き方は書き手の技術が強いられるもので、シンプルなのにいざ書いてみると意外と書けない難しさがありますが、この作品はまさにそれだと感じました!

ノベル風ではなく、まさにシナリオ風ですがあまり気にならず、スムーズに読みやすく、声を勝手に好きな声優を当ててイメージして見てる自分がいつの間にかいました!

魅力的な登場人物に惹かれること間違いなし、是非一度手にとって見てください!

★★★ Excellent!!!

このお話はシナリオ風なのでシナリオそのものではありません。
特徴としては登場人物がどこに居て何をしているのかというのが明確です。

物語としては序盤も序盤ですし、主人公もまだ活躍せず、おそらくはヒロインと思われる少女も登場していません。

しかし、会話と状況から何かが起きそうな予感がします。
主人公を取り巻く人間関係もシナリオ風ノベルの力で鮮やかに浮かび上がってきます。

なので続きが読みたいです。

★★★ Excellent!!!

Chapter3−1まで読ませていただきました!

「闇化」を止める。

そんな目的を持った特殊能力集団。
風を纏う少年・夏樹。

なんとも魅力的な設定、世界観である上に、シナリオ風に綴られているため、読者は自由に想像の羽を広げられる、これまで読んだことのない不思議な作風です。

とてもシンプルに物語が進んでいくのに、行間にキャラの個性が出るというか、多くを語らずとも登場人物の魅力が伝わってきます。

いつかわたしもこんな雰囲気の作品が書いてみたい、純粋にそう思いました!^-^

★★★ Excellent!!!

 シナリオ風と書かれている通り、徹底的に無駄を省いた文が印象的です。

 そのため小説を楽しむ際、読者が頭の中で風景を展開させやすく、キャラのセリフをオリジナルキャストで想像する事もしやすいです。

 その上、シンプルな文体は、読む度に新たなオリジナルキャスト、オリジナルロケーションで見せてくれるはずです。

 読者の感性に訴えてくる、繰り返し読みたくなる作品だと感じています。

★★★ Excellent!!!

シナリオ風と書かれていますが、あまりそっちに注目するなかれ。あくまで表現方法で、多くの登場人物が出る今作で、本当の意味での客観的な、偏らない表現方法と、他サイトやホームページで拝読をしていた僕は思います。

僕自身、先行しているホームページで、全てをまだ読めていないのですが優しいし、暖かいし、でもそれぞれの範囲で不器用に全力な彼らとカクヨムで会える。僕は今、それで満足をしていますが。

このレビューの段階、Chapter1-5では物語の全容が見えるはずもなく。
作者様には、更新作業をお願いする次第です。

僕の大好きな紫苑ちゃんと、菖蒲さんと聖さん、橘さんが出てくることおを心待ちにしながら!