生きる権利と、死ぬ権利

作者 新成 成之

自らの生死を決断するとき、生と死は等価な価値を帯びる

  • ★★★ Excellent!!!

放命権という権利、ナイーブな感覚ではネガティブに受け取られるかも知れませんが、現代社会においては、わりとリアルな概念かもしれません。自らの生死を自らが決める時代において生と死は等価な価値観なのでしょう。とても衝撃的な作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

星崎ゆうきさんの他のおすすめレビュー 90