ヒトツボシ -ヤンキー家政夫と美味しい食事ー

作者 高梨 千加

一つ星? いいえ、読後感は「三つ星」!

  • ★★★ Excellent!!!

このお話は、女子高生茜のもとに、一見金髪ヤンキーな家政夫・崇がやって来るところからはじまります。
茜の母すでに他界しており、ただ一人の肉親の父は仕事が忙しく不在気味。
そんな中で自分は愛されていないと感じながら生活している茜。

そこに、崇がもたらしたものは、『料理』。
ただ、提供するだけではなく、作り方や食材選びから彼は茜に教えます。

……想像してみて下さい。
家事万能。容姿抜群。
そんな男子がキッチンでつきっきりで教えてくれるわけですよ(あくまで料理を)。
身近に香りを感じるほど近くで、教えてくれるんですよっ(料理を)。

こんなシチュエーション、美味しすぎるでしょう!!

そんな『料理』にまつわるエピソードを中心にストーリーは進むのですが。

タイトルの『ヒトツボシ』。
これは、料理に関わることではありません。
茜にとって大切なこのキーワードを。
是非、拝読して感じてみて下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

武州青嵐(さくら青嵐)さんの他のおすすめレビュー 506