井陘落日賦

作者 左安倍虎

韓信、ここに在り。

  • ★★★ Excellent!!!

歴史とは「過去の記録の堆積」であり、少し乱暴に言ってしまえば「事実の羅列」でしかありません。しかし、だからこそ想像の余地がある。「その瞬間を生きていた人間」を自由に想像し、物語にする事が出来る。その「肉付け」こそが歴史小説の醍醐味な訳ですが、「あの背水の陣をこう描くか」と思わず膝を打ちました。あまりにも有名な故事であり、誰もが知っている逸話。その知名度を見事に活かしきった構成には「脱帽」の一言。お見事です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

不死身バンシィさんの他のおすすめレビュー 293