井陘落日賦

作者 左安倍虎

44

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「項羽と劉邦」の時代を描く歴史小説としての、考証の正確さや解釈の斬新さは、知識のない私には評価しかねます。なので「軍記ファンタジー」として、この長くない枚数で、多様なキャラクタの、性質の異なる才能を鮮やかに描き分ける筆さばきに、ただただ感嘆しながら読み進めました。

★★★ Excellent!!!

歴史とは「過去の記録の堆積」であり、少し乱暴に言ってしまえば「事実の羅列」でしかありません。しかし、だからこそ想像の余地がある。「その瞬間を生きていた人間」を自由に想像し、物語にする事が出来る。その「肉付け」こそが歴史小説の醍醐味な訳ですが、「あの背水の陣をこう描くか」と思わず膝を打ちました。あまりにも有名な故事であり、誰もが知っている逸話。その知名度を見事に活かしきった構成には「脱帽」の一言。お見事です。

★★★ Excellent!!!

楚漢戦争時代の井陘の戦いを題材にした物語で、趙の李左車という武将が主人公です。

自分自身あまりその時代は詳しくなかっただけに歴史小説にありがちな結末をしりつつも読まなければならないということがなく、最後まで楽しく読むことができました。

個人的には韓信のキャラ付けが非常に面白くて、最後にはハッと驚かされるところがあり、今までの韓信のイメージが180度変わってしまいました。

李左車と対比してみると一層面白く読めると思います。