逆襲物語ネイキッド・ブレイド

作者 博元 裕央

190

76人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

第一章まで読み進めました。

序盤から展開する予想外のストーリー、個性的なキャラクター達が逆襲というメインテーマのもと作中を所狭しと暴れまわります。

圧倒的な力を持った敵。
それに対する主人公達はどう立ち向かうのか!

今後の展開に期待しかありません。
作者様の熱量も濃く、読み応え十分な一作。

読む前はお色気ファンタジーかと思っていましたが、良い意味で裏切られましたね。応援してます!

★★★ Excellent!!!

あらすじを読み終えて、ゾッとしました。
唯一伝わったのが、「『いわゆるチート系主人公』を次々現れるライバルに見立て、女主人公が撃破していく物語」です。私はそう感じました。これはかなり痛快なもので、次世代の作劇を担うだけの熱量があります。気になったのはやはり方向性で、水で満たされた宇宙が比喩表現なのだとすると、地球が存在すること自体矛盾していて、ではやはり本当に水で満たされていて、地球は地球でない……? これを伏線とするならば、読解難易度は高めとなってしまうでしょう。もし次回作で、作風はそのままにとっつき易さを改善できたなら、あなたの取り巻く環境は一変するでしょう! 応援してます!

★★★ Excellent!!!

ストーリーはあらすじにある通り転生者の集団を悪として、好き勝手に振る舞い世界を蹂躙する彼等に対する現地人達の反抗、逆襲がメインテーマとなっています。

この作品の魅力は多彩な『キャラクター』と彼等が織りなす熱い『バトル展開』にあると思います。

主人公たるルルヤとリアラは勿論魅力的なのですが、何と言っても敵側に当たる転生者の集団【ネオ・ファンタジー・チートピア】の面々が個性的であり、よくこんなに思いつくなというくらい、次から次へと様々な能力の持ち主が登場します。

特に幹部である『十弄卿』はそれぞれに厨二心をくすぐる変身能力も持っており、この作品の裏の主人公と言える存在です。
彼等とルルヤ達との戦いがこの作品の根幹であり、その掛け合いもバトルも良い意味で厨二病テイスト満載の、白熱必至の仕上がりとなっております。


一話ごとのボリュームは多少長めですが読めない程ではありませんので、古き良き熱いバトル漫画やラノベが好きという人には特にオススメしたい作品です。

Good!

 タイトルにもあらすじにも、萌え系の単語が散見し、パロディのイメージができてしまうのですが、読んでみれば復讐劇でした。

 やりたい放題できる力を身につけてしまった敵が、本当にやりたい放題にした結果がどうなるのか、それにどう立つ向かうのか、骨太といっていい展開があります。

 復讐劇にありがちな自身を正当化する論理武装がなく、ただ必死に立ち向かう主人公の姿には、ひねくれ者であると自覚している私にも受け入れられました。

 そう考えてみると、このタイトル「ネイキッド・ブレイド」は、「抜き身の剣」を意味しているのだろうか…と感じました。

★★★ Excellent!!!

最初思ったのは、出だしから文章量が多く、私には少し読みづらかった。

ただ! それを感じさせない設定の深さ。

設定が練りに練りこまれているのがよく分かる。

このレビューのタイトル通り、とてもこってりした濃厚ラーメンを食べているような感覚だが、好きな人は本当に好きになれる作品。

★★★ Excellent!!!

 ビキニアーマということもありライトな感じかと思いきや濃密!大胆かつ緻密な世界観に圧倒される。
 用語など細部にわたり作り込まれ、作者のこだわりを感じる……
 他のカクヨム小説とは一味も二味も違うこの作品!ぜひ読んでみてはいかがだろうか?

★★ Very Good!!

読むのがしんどくなるくらい、文章量が多い。
勢いは凄いのだが、少々先走りしすぎな所が感じられます。
また、専門用語も多いが解説があまり無いため、厳しい部分がある。
もう少し簡潔にまとめないと、初心者は投げ出す事必死。
故に好きな人だけしか読まないマニアックな作品だと認定。
万人に受けるには読みやすくする対策や工夫をする必要があります。
今後に期待。

★★★ Excellent!!!

本作の「チート」は主人公ではありません。敵です。いわば「逆チート」といったものでしょうか。

したがって、強さで得をするのは基本的に敵です。そして、そんな敵に苦しめられる主人公は通常の敵よりも更に悲惨です。

しかし、もしそこまで圧倒的な力の差がある相手を倒すことが出来たとしたら・・・おそらくその「達成感」は普通の冒険ものの比ではありません。

そして、主人公には復讐という目的があります。

「絶対倒せない相手を倒し、かつ自分の復讐を果たす」

これは爽快感、というよりも「達成感」を味わう話なのかもしれません。そんな新しい分野を開拓した作者に敬意を込めて星3つとさせていただきました。





★★★ Excellent!!!

‪1話読ませて頂きました!‬
‪かなり力を消耗しました( ノД`)‬
‪2話&3話を後にするのは面白いやり方だなとは思いましたが1話が長すぎて4話分が詰まりすぎてる気がします(´・・`)‬
やっぱりもう少し分割した方がいいような気がします。
内容は面白い作品だと私は思います!
初めて読む人からは辛いかも知れないです(´×ω×`)
もったいないかも…

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介で書いたように、まるでトールキン先生を思わせる重厚な設定のもとに作られた、クラシカルな小説。

決して大衆向けとは言えないが、新聞のようにたくさんの専門用語や少々お固めの文章が明日に向かって綴られている本作品は、好きな人には好かれる作品といえるだろう。例えるならば、年代物のワイン。飲みやすいカクテルが好きか、ヴィンテージに価値を見出すかは、好みの分かれるところである。

「第一章あとがき&PV紹介」に書かれているMAPには衝撃を受けた。

紙媒体の本であればよく見られるが、これをウェブでやった人を初めて見ました。作者の情熱が垣間見え、感無量です。

ただ、オマージュやパロディが盛りだくさんらしいが、ライトノベルはバッカーノ!の時代から入った私としては、よくわからなかった。残念。

チートピアなど言葉のネーミングには光るものがあり、これだけの文章量が書けて、設定を生み出す情熱と根気がある作者様は、きっといつの日か、言語をも生み出してファンを楽しませてくれるやもしれない。



★★★ Excellent!!!

復讐の話なのだけど、相手がチートってのが目新しいですよね。
ビキニアーマーが標準装備ってのが、個人的にグッときました。
服装でここまで興味を惹きつけるものもないので。(笑)

話としては、流行りの異世界転生に対してのアンチテーゼ。
でも、そこまでギスギスした感じではなくて。

言うなれば、対極。

作者の熱量が一話ごとに詰め込まれているので、読むのが大変だが。
流行りに相反する物を求めている人にはおススメかもしれない。

ぜひ、読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 異世界を蹂躙するチートの転生者は、その圧倒的な力で全てを踏み躙る。彼らの暴威に立ち向かうは――ビキニアーマーの戦士達!?
 ただひたすらに傲慢で、反則なほどに強く憎たらしい転生者達を、復讐の信念を以て打ち破る。果たして彼女達は、失われた誇りを取り戻すことが出来るのか……!?

 緻密な世界観設定や怒涛のストーリー展開が見どころの、異色ファンタジーアクションです。いわゆる「お約束」にまでしっかりとした理由付けがなされており、随所に散りばめられた小ネタでクスリとなること間違いなし。
 博元先生が描き出す濃厚なファンタジー世界、是非ご覧くださいませ。

★★ Very Good!!

何より先に目につくのは、特徴的なルビだろう。
過密な設定に与えられた豊富なルビは、ときにオリジナル、時にパロディとしてしたためられ、文章の厚みを増す役割を帯びている。

そのうえで語られるストーリーは、異世界転生に対する反逆であり、温故知新に任せた濁流のような力強さを秘めたものである。

総じて読みこめば、どこまでも奥深く楽しめる作品だと言えるだろう。


惜しむらくはあまりに膨大な情報量を、地の文、セリフ問わず説明しなくてはいけないため、そのぶんライトノベルから遠ざかるところだが、それもまた味であると思われるので、☆は2つとさせてもらった。

私見ではあるが、高いポテンシャルを秘めた作品だと思う。

★★ Very Good!!

ライトノベルらしいルビと単語。だが、そこにあるのは重厚な世界観。
キャッチコピーだけで判断すると火傷する良い物語だ。
指輪物語の序章を飛ばす方は、第1話を読むだけでも体力を使うだろうが、難解な言い回しを愛する人には是非キャッチコピーで毛嫌いせず、この物語をお勧めしたい。
1話1話の情報量がこれほど多いネット小説があっただろうか。

世界観に浸ると夢中になりやすい一方で、2度3度読み返さなければならない部分(過去にどんなルビが振られていた単語だったか等)もあり、やや不親切な印象も受ける。
せっかく素晴らしい意味のある言葉を使っていても、特殊な読み方をする単語の読みがわからないと、読む際に止まってしまい、それが読者側のリズム感を崩すことで、息切れがしやすくなってしまう。
この点さえ改善されれば、より世界観に没入しやすいだろうと感じた。