呪物公園

作者 ぴぃた

交錯する物語が一点に集まったとき、恐怖は加速する。

  • ★★★ Excellent!!!

今まであまりホラー小説という物を読んだことがなく、読んでも「不思議だな」や血みどろでおぞましい、とは思っても、「怖い」と思うことがなかったのですが、この作品で、「ああ、文字が怖い」という体験をしました。

空白も怖いんですよ。薄気味悪いっていうか、忍び寄る恐怖と言いますか……。

前半に次々と語られていくエピソード。多くを書き込んでいないだけに、薄ら寒い感じがします。それが怖い。

様々な弱さを持つ登場人物たち。次第に、彼らの一つ一つのエピソードが重なり合うのに気づいて……。

始めは例の有名な「本当にあった」的な印象で進みます。でも「ああ、いいところでっ」で、プツンっと終わってしまう。後半にかけては、ドラマというより、映画を見ているような加速させる熱さがある。


ただ「怖い」だけでは終わらせない、エンターテインメントある作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

私はあまりホラーやオカルトに興味のない人間です。
幽霊や怨霊なんて実体のないものより、生きた人間の方がよほど怖いと思うから。

お話はオムニバス形式で進行します。
『呪物』という、恐ろしい力を宿した… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 スクリーンの幕が上がる。すると、そこに広がるのは毒々しいまでに赤く染まった夕空。視線を落とせば、どこででも見かける平凡な街並みが、今にも闇に呑み込まれそうに沈み、佇んでいる。
 たとえば、そんな印… 続きを読む

竹神チエさんの他のおすすめレビュー 868