呪物公園

作者 ぴぃた

傑作

  • ★★★ Excellent!!!

読了し、最後まで本当に素晴らしかったです。ホラーという枠を超えて、見事な作品です。

------------------
(1月2日、レビュー。三十二話まで読了)。

物語の全貌がほぼ明らかになり、緻密な設定と作者の想像力には驚かされるばかりです。この面白さときたら…!
ぜひ一緒に最後まで追いかけましょう!! と他の読者さんに呼びかけたくなる作品です。

----------------------
(最初のレビュー)
タイトルが秀逸でインパクトがあるので、ひとこと紹介もあえて「呪物公園」で。
オムニバスですが、各話、登場人物やストーリーの書き分けが見事。内容は自然と頭に入ってくると思います。じんわり恐かったり、ハラハラドキドキしたり、内容は多彩。アイディアの面白さだけでなく、心理描写の巧みさが特徴。
読み終わってからレビューと思っていましたが、おそらくあと4万字くらいありそうなのと、結末どうなるのかな?と待つ楽しみもある作品だと思うので、この段階でのレビューとしました。結末がどうであれ、ここまでで十分☆三つと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

オレンジ11さんの他のおすすめレビュー 538