呪物公園

作者 ぴぃた

吸い込まれる作品です!

  • ★★★ Excellent!!!

ちょっと気になるなーと思い、読み始めた瞬間引き込まれました。

最初は『呪物』というテーマに沿ったオムニバス小説だと思ったのですが、ちょっとずつ繋がりが見えてきたと思った瞬間、全体図が広がり衝撃を受けました。

各物語ごとに、いろんな人物の人生や価値観、立場が文章を辿って伝わってきます。その人物の思考に引き込まれ、実際に自分がその瞬間に立ち会ってるような緊迫感を味わえるのが、とても好きです。
あまり好感が持てない人物が描かれていても、その人物に引き込まれているせいか不快感が感じられません。
また、全ての人物の個性がはっきりしているのに、全員が集まっても衝突せず物語に調和されているのがすごいと思います。どういった展開になるのが予想がつかないのに、各人物の結末を見ると納得してしまいますね。

数話読んだ後、一気に読むのが勿体無くて少しずつ読んでいたのですが、結局最後まで見てしまいました……
今となってはもっと早くこの小説に出会えなかったのが惜しいぐらいです。

次の更新が待ち遠しいです。物語の最後まで付いていきます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

私はあまりホラーやオカルトに興味のない人間です。
幽霊や怨霊なんて実体のないものより、生きた人間の方がよほど怖いと思うから。

お話はオムニバス形式で進行します。
『呪物』という、恐ろしい力を宿した… 続きを読む

ちりがみさんの他のおすすめレビュー 49