アスコラク‐首狩天使‐

作者 夷也荊

アスコラク、素晴らしいの一言に尽きる!

  • ★★★ Excellent!!!

『アスコラク‐首狩天使‐』を拝読させて頂きました。

とにかく、素晴らしい! 色んな時代、色んな地域で暮らす人々。多種多様な文化の中で、必死になって生きる人たち。人々の喜びや怒り、悲しみが、丁寧に描かれています。作者様の才能によって、人々の息遣いが聞こえる……それ程、リアルなものになっています。


アスコラクは、不幸な少女と出会います。イネイとアス。天使と少女は、共に行動します。100年経っても、二人の絆は切れません。

アスコラクは、人の道を踏み外したものを裁きます。ただ、罰するのではなく……。人ではない、可哀そうな化け物たちを、救う為に。

イネイも、アスコラクに救われました。天使と少女は、これからも……共に行動していきます。恐らく、天使が役目を終える時まで……。


アスコラク‐首狩天使。人の姿だと……人々に記憶されません。
儚くて……悲しくて……ただ、素晴らしい。

皆様、首狩天使の儚い物語を、ぜひ一読してみて下さい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

星の狼さんの他のおすすめレビュー 182