ハイカラ娘と銀座百鬼夜行

作者 作楽シン

ハイカラ娘とチート書生に連れられて、読者も一緒に東京あやかし巡り

  • ★★★ Excellent!!!

流行の権化であるハイカラ娘ことお嬢さんと、そこに下宿している書生さん。
妖怪の噂を聞きつけて明治東京を駆け回る、短編連作です。

お嬢さんのお転婆具合や、書生さんがどうチートなのかは本編を読んでいただくとして、
わたしがこの作品を読んでいて一番わくわくしたのは、まるで明治東京を巡っているような気分が味わえること!

上野の男爵邸。新橋のミルクホール。神田明神のお守り。銀座の石畳の大通りにビヤホール。押上の診療所。両国の花火。三田の子爵邸。築地に日本橋などなど。

実際に行ったことはなくとも、覚えのある地名がたくさん出てきます。
彼らの足となるのが当時のタクシーともいえる人力車(俥)。しかもそれに揺られながら、黒い犬を追ったりするのです。メトロではこんなことできません笑。

人力車なのだから、当然顔は風にさらされるし、走る程度の速度で周りの景色が流れていく。そんなふうに東京各所を駆け回る彼らについて回るような臨場感が楽しいです。

あるあやかしが、東京を「江戸」と呼ぶシーンが出てきます。
「ついこの間まで江戸だった」と彼はいいます。
風景や建物は変わっても、その地盤となる土地関係は変わりません。一つ一つの土地は当たり前のようにつながっていて、東京という街を作って、今に続いているんだな~としみじみしました。

この物語は、今から120年くらい昔が舞台です。
まるでタイムスリップしたかのような臨場感とともに、あやかし巡りしてみませんか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

だもさんの他のおすすめレビュー 18