イメージと文化、そのランダムな覚書

作者 artoday

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全125話

更新

  1. 第1話 日本人のイメージと文化
  2. 第2話 映像という視覚芸術において
  3. 第3話 写真家"Robert Frankの言葉と現在
  4. 第4話 TIME :時間を考える。
  5. 第5話 デザイナーには理論が必要だ- Johanna Drucker
  6. 第6話 モナ・リザ(Mona Lisa)に見られているのは、こちらの方だ!
  7. 第7話 Now - Video installation / 今、ヴィデオ・インスタレーションは
  8. 第8話 デュシャン以降の表象の臨界
  9. 第9話 ヴィデオアートの延長上がメディアアートではない。
  10. 第10話 色は空なるもの~色即是空
  11. 第11話 「絵を描く」ことの意味
  12. 第12話 複製技術に於ける一考
  13. 第13話 The post-Internet. ポスト・インターネットにおけるイメージ・オブジェクト
  14. 第14話 シンディ・シャーマンの記号-Cindy Sherman
  15. 第15話 ブルーノ・シュルツの世界感(複製技術に於ける一考)
  16. 第16話 イメージと文化、本来の教育のあり方
  17. 第17話 "Guernica"ピカソは情報だけで描いた
  18. 第18話 I wandered, "Hotel California".
  19. 第19話 シュールレアリズムと形而上絵画
  20. 第20話 Holy Motors(解釈メモ)
  21. 第21話 21stのメディアとその展開
  22. 第22話 21stのプロフェッショナルの視点
  23. 第23話 イメージの分類
  24. 第24話 ヘアリボンの少女(Roy Lichtenstein)
  25. 第25話 ビデオアートとモーション・グラフィックス
  26. 第26話 カメラオブスクラとイラストレータの仕事
  27. 第27話 映像業界のデジタルが及ぼすコンテンツの捉え方
  28. 第28話 新たな映像デザイン分野「人にやさしい表現」
  29. 第29話 映像の方法論 # 映像を探る
  30. 第30話 遍在する神
-ルイス・ブニュエルの銀河
  31. 第31話 芸術及び情報の伝達論の流れ
  32. 第32話 Pattern:自然からのパターンについて
  33. 第33話 デザイン学のコンセプト
  34. 第34話 パウル・クレイ 芸術の理念
  35. 第35話 「写真集の歴史は100年も経過していない」
  36. 第36話 デザイン領域と非デザイン領域
  37. 第37話 グラフィックデザインの分析「どこに目がひっかかるか」
  38. 第38話 Australian Aboriginal Art
  39. 第39話 トクサの上 碧どこまでも 続く空
  40. 第40話 The act of modeling....
  41. 第41話 「灰とダイヤモンド」解釈 / POPIOL I DIAMENT - 監督:アンジェイ・ワイダ
  42. 第42話 アンジェイ・ワイダ監督 作品理解のための政治的背景-ヤルタ会談 (Yalta Conference)
  43. 第43話 ヴァルター・ベンヤミン著作集 I「暴力批判論」 解釈
  44. 第44話 ヴァルター・ベンヤミン著作集 II「複製技術時代の芸術」解釈
  45. 第45話 道(La Strada)-フェデリコ・フェリーニ監督:解釈
  46. 第46話 環境デザインの視点から、アジアの道を考える
  47. 第47話 形見とて 何かのこさむ 春は花 山ほととぎす 秋はもみぢ葉
  48. 第48話 スマートフォンという映像文化環境
  49. 第49話 困難の連鎖の中でその人らしさが形成されていく
  50. 第50話 壺坂霊験記 :視覚とはなんだろう。
  51. 第51話 評:現代写真論-シャーロット・コットン (著)
  52. 第52話 今、映像理論はいらない - Don't need video theory now.
  53. 第53話 ゴダールの手法
  54. 第54話 Goodbye to Language 3D
  55. 第55話 「気狂いピエロ」と視覚的リズム
  56. 第56話 評:「視覚的人間」ベラ・バラージュ
  57. 第57話 解釈と評価「映画の理論」ベラ・バラージュ
  58. 第58話 表象としてのエッフェル塔
  59. 第59話 万年筆と言うカメラ(ジャン・コクトー)
  60. 第60話 初期のゴダール作品の解釈と影響
  61. 第61話 アンドリュー・ワイエスの視点
  62. 第62話 美術教育の解釈(異論)-テキスト「美術を学ぶ人へ」佐藤忠良 著
  63. 第63話 学際(interdisciplinary)という視点
  64. 第64話 映像としてのイメージ(イマージュ)の基本性質と実存主義
  65. 第65話 ヴァルター・ベンヤミン著作集III 「言語と社会」解釈
  66. 第66話 クエイ兄弟の世界は、それはブリティッシュ。
  67. 第67話 「オデッサの階段シーンと、九段下駅ホームの乳母車事件」
  68. 第68話 Webの浸透で、物質・非物質はシームレス化された
  69. 第69話 デザインとゲシュタルト心理学
  70. 第70話 表象教育におけるイノヴェーション
  71. 第71話 科学を解き明かし、新たな技術の発生で、新たな表象技術者(クリエイター)が派生した。
  72. 第72話 文化がパラダイムシフトし、派生した新たなる職業だが
  73. 第73話 紙媒体(ペーパーメディア)の存在意義(メモ)
  74. 第74話 ルルドの泉に向かう人々(Mario Giacomelli)
  75. 第75話 ガブリエル・オロスコとインターヴェンショニズム(介入主義)
  76. 第76話 写真における記憶や時間のイメージ化
  77. 第77話 ストリート・オブ・クロコダイル(1989 UK)
  78. 第78話 フライヤーで何を伝えるか!(文字を読む前に)
  79. 第79話 Albert Hammond - It Never Rains In Southern California(カリフォルニアの青い空)
  80. 第80話 花のサンフランシスコ (Scott McKenzie、1939- 2012)
  81. 第81話 雨を見たかい? - Creedence Clearwater Revival
  82. 第82話 儀式としてのプロセス-印鑑の必要性
  83. 第83話 紙媒体(ペーパーメディア)の意味
  84. 第84話 草枕とオフィーリア
  85. 第85話 なぜ、教育は必要か(文化と教育)
  86. 第86話 美術史は、後から語られる。
  87. 第87話 ニューシネマパラダイス解釈 (1988年 イタリア)
  88. 第88話 新たな職業は、異なるメディアの領域を飛び越える。
  89. 第89話 ビリー・ホリデイ- 奇妙な果実とその背景(Strange Fruit)
  90. 第90話 都市の肖像と周辺(ヴァルター・ベンヤミン)
  91. 第91話 シトロエンの偉業 - 20thのカーデザインと文化活動
  92. 第92話 コンピュータの能力がメディアの閾を飛び越える
  93. 第93話 新たな技術の発生で新たなクリエイターの派生
  94. 第94話 非商業映画の価値を伝え続けた映画監督、ジョナス・メカス
  95. 第95話 ジョナス・メカス思想と現在”楽園の思想”
  96. 第96話 複製技術の職業域を考える-かたちは生きている
  97. 第97話 開国という文化背景とジョン万次郎
  98. 第98話 マルセル・デュシャン「大ガラス」解釈
  99. 第99話 デュシャンの制服を考える
  100. 第100話 芸術を行う者に特権がある訳ではない。
  101. 第101話 日本の文化背景
  102. 第102話 小川孝子と抽象画の理念
  103. 第103話 マリーナ・アブラモヴィッチのパフォーマ ンスアート
  104. 第104話 フィルムで撮録される「スター・ウォーズ9」
  105. 第105話 人からAIが変われないスキルは
  106. 第106話 地理的構成の視覚的イメージ(Kunyu Wanguo Quantu 1602)
  107. 第107話 最初の報道写真家 フェリーチェ・ベアト
  108. 第108話 シーボルトの貢献と開国(視覚化された日本列島と開国)
  109. 第109話 移ろいの記憶を固定化するフォトコラージュ。アストリッド・ライシュヴィッツ
  110. 第110話 記憶の曖昧さと無意識に作られた過去のイメージ
  111. 第111話 「万引き家族」はいない
  112. 第112話 感性に年齢はない- The Image Book
  113. 第113話 文化は、切実な部分をイメージ化して表現することする
  114. 第114話 モノの形と身体工学の理解
  115. 第115話 認知行動科学とユニバーサルデザイン
  116. 第116話 デジタル時代の「手描きデッサン」とそのポイント
  117. 第117話 現在形のヨハネス・イッテン色彩論
  118. 第118話 奇妙な果実(Strange Fruit)と厭世的背景
  119. 第119話 AIにはできない、人のスキルと文化
  120. 第120話 ロースン「映画芸術論」に観るもの
  121. 第121話 フリーダカーロ、希望を失わずに生き抜いた1人の女性
  122. 第122話 写真小史 ベンヤミン(写真の可能性と、そこから派生する使命)
  123. 第123話 「イメージは意味の極限である」- 映像の修辞学 ロラン・バルト
  124. 第124話 原爆投下の伝承とイメージ
  125. 第125話 教養は本当に必要だろうか?個性こそが文化だ。