滅びゆく世界のキャタズノアール

作者 斉藤タミヤ

濃密な文章で描かれた昏い世界

  • ★★ Very Good!!

文章の密度と濃度は他の追随を許さないレベルで、その濃さで描かれたダークな世界観とよくマッチしている。
主人公たちの戦いぶりも迫力があるが、設定された体重のわりに、戦いの動きに重さが感じられないのが一つ気がかり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

八百十三さんの他のおすすめレビュー 30