滅びゆく世界のキャタズノアール

作者 斉藤タミヤ

バトル中心の冒険物として極上

  • ★★★ Excellent!!!

黒い霧に覆われて滅びゆく世界という設定が絶望的でそれをどう克服するのかという興味を惹かれます。
主人公が圧倒的に強いのも爽快感があります。
次々と強い敵が現れるのですが、戦いの中で新たなる力に目覚めることで勝利します。
最終的な敵がどんな存在なのかは謎ですが、主人公なら勝利するはずという安心感があるので楽しんで読めます。
主人公に恋する女性の存在も気になるところです。
暗い設定ですが、最終的には無残なラストにはならないはず。
カタルシスを味わうためにそこまで付き合ってみれば満たされるはずです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー