滅びゆく世界のキャタズノアール

作者 斉藤タミヤ

ダークファンタジーの雰囲気が凄い

  • ★★★ Excellent!!!


非常に引き込まれる導入でした。雰囲気と設定が最初から重厚であると感じられる作品だと思います。多くは語られていませんが、その行動だけで主人公(たち)の立ち位置などがわかり、これから繰り広げられていく物語が楽しみになっていきます。

ぜひ、一度読まれてはいかがでしょうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

★世界に迫りくる脅威と言われて貴方は何を思い出すだろうか? 圧倒的な軍勢による侵略と言うのはある意味定番だろう。未知の病原体に寄るパンデミックもそうだし、人知を超えた未知なる生命体や存在による無慈悲… 続きを読む

はなさんの他のおすすめレビュー 74