お宮の壁の中に粽を投げ込んだ話

作者 久志木 梓

つわものどもが夢のあと。あのとき見つめた不思議な色の目の人も、きっと。

  • ★★★ Excellent!!!

幼い頃、お祭りの日に、宮殿の塀の中へちまきを投げ込んだ。
塀の中に囲われて暮らすかわいそうな貴族の坊やがそこにいて、
そのたった1度だけ、ほんの束の間、心が通い合った気がした。

江南に建っていた孫氏の国、呉。
その国が滅んで幾年となる頃か。
酒の肴に語られる、他愛ない話。

ありふれた昔語りのようでいて、背景にあるのは悲愴な戦乱。
雰囲気がとてもよい短編で、三國志や歴史物に詳しくなくとも、
誰にでも楽しめる作品だと思いました。せつない読後感が素敵。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

馳月基矢さんの他のおすすめレビュー 343