事あるときは幽霊の足をいただく!

作者 北大路 夜明

私も将来、こんな素敵な怨霊になりたい。

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公の前に怨霊が現れます。
 現れますが、この怨霊、なんだか色々ヘンです。

 サムライらしいのに、
 現代語でやたら気さくに話しかけてきます。
 主人公のご先祖に恨みがあるらしいけれど、
 その恨みだって、どうやら単純でわかりやすい負の感情ではなく、
 なんだか色々な想いの混ざった複雑な恨みであるご様子。

 そんな一癖二癖とある怨霊が出てきて、
 さらにコメディと銘打っているのですから、
 これはもう笑えるに決まっています。
 実際に怨霊さんは本編で大暴れしていて、とても魅力的なキャラクターです。
 将来死んだら、こういう素敵な怨霊になりたいと思いました。
 そのために今世を一生懸命に生きようと思います。

 私の将来はともかくとして、
 この素敵な怨霊さんと主人公は、なんだか物騒な事件に巻き込まれていきます。
 一体どんな真相が待っているのでしょう?
 一体怨霊さんは事件の中でなにをやらかしてくれるのでしょう??
 コメディだけではない、物語の深部が徐々に姿を見せて、どんどん引き込まれていきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

すまい近道さんの他のおすすめレビュー 38