事あるときは幽霊の足をいただく!

作者 北大路 夜明

怨霊との奇妙な生活

  • ★★★ Excellent!!!

情景描写、セリフの言い回しなどやり過ぎずとても読みやすい。
正直、いつ書籍化してもおかしくないと思った。
最近では幽霊物にもハーレムの要素が入り込んでくるが正直、あの展開は好きではない。
本作は怨霊となった幽霊と高校生の少年の話。
幽霊なのにやけに人間味のある怨霊見ていて愛着が湧いてくる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おっぱなさんの他のおすすめレビュー 324