魔法使いの少女

作者 flathead

45

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ひとえに、もう一度彼女に会うことだけを目指して旅を始める主人公。
賢く使える手段は使い、商人の勘でうまくやったりして、彼女の手がかりを求めて進みます。
なりふり構わない感じかと思いきや、仲間たちとのやりとりも微笑ましく、でもひとつの目的は揺るぎないものです。
魔法の描写も、よくあるRPGゲームファンタジーのような派手さではなく、まさに「現実的に捉えられた」ものです。
世界設定がしっかりしているのだろうなと感じました。

★★★ Excellent!!!

この物語は主人公の仕事というもの、その家柄というもの、つまりバックボーンの厚さが売りになっている。
また、重厚なバックボーンの中にある世界そのものの文少量、文章力もかなり高い。
安定と安心があるぶん、落ち着いて読める。
スピード感ではなく、例えばコーヒー片手にゆっくり落ち着いて読んでほしい。
ちゃんと本を読むつもりで読んでほしい。そんな作品だ。

★★★ Excellent!!!

面白い!

超本格的なファンタジーでした。
描写が平易なのに巧みです。
6万字くらいなんですが、さらっと読めてしまいました。
しかも、すらすら読めるのに、読んでいて、風景が自然と浮かんできます。

冒頭から引き込まれる展開で、先が気になってしまいます。

途中で、どんどん仲間が増えていくのも良いですね~。
あんまりキャラの名前を覚えるのとか苦手なんですけど。
どのキャラも個性があるので、すぐに覚えられました。

設定というか、世界観というのか、そのあたりも本格派ですね。
ちゃんと勉強されているんだな~というのが伝わってきました。

うーん。旅に出たくなりました(笑)。
旅行じゃなくて旅に……。

最終的に、どうなるんでしょう。
つづきが気になります。
完結したらまた読みたいです。