『最後の日記』BIRTHDAY~君の声~

作者 oursky

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話 プロローグへのコメント

    こんにちは。戸崎亨です。

    今回は自主企画、『特別企画『七夕作品』集まれ!+週刊カクヨムコラム作品募集 』にご参加いただき、ありがとうございました。

    今回投稿していただいた七夕作品は、週刊カクヨムNo.7(7/4~)で紹介させていただくことにしました。(自主企画の注意事項に掲載の可能性についての旨は書いてあります)


    万が一、紹介を強い希望で辞退したい場合は、私の近況ノートのいずれか連絡をお願いします。

    作者からの返信

    色々あったため返信が遅くなりすみません。
    週刊カクヨムに掲載していただきありがとうございます。
    コラムのような中で紹介していただくのは初めてだったのでうれしかったです。
    7月7日に最終話後編を更新予定で七夕までに読むとあっと思うことも出てくるので、よかったら続きを読んでみて下さいね。

    2020年7月4日 16:45

  • ○追憶編⑪~愛合傘~へのコメント

    こんなところで、私的なコメントで失礼します!
    この度は、過分な応援(ハート)とレビューまで賜り感謝致します
    当サイトは、レビューのお礼が出来ないんですかね?
    ちと分からなくて…取り急ぎこちらに入れました
    後ほど、改めてエブリの方でお礼を……

  • 第1話 プロローグへのコメント

    また@あいたい・・・から
    あえてよかった!
    ・・・になりました(^_~)

    ・・・ステキな作品を応援したいと思います!
    こちらでもお世話になりますね!!

    作者からの返信

    エブリスタから応援に来ていただきありがとうございます☆もしも心に響いたらカクヨムの方も…と何気なく書いたことに反応して下さる方々がいるなんてびっくりで感謝の気持ちでいっぱいです(;_;)
    何度めの嬉し泣きか分からないけど色々な応援の言葉に感動して泣いてます( ;∀;)
    ちなみに実話を参考にした部分もありますが(認知症の方のデートとか…)夢で見たことや不思議な出来事を参考にしたフィクションです(*´ω`*)

    2019年1月8日 19:27

  • 第44話■最後の日記⑨~暗号の想い~へのコメント

     最後の日記編まで読ませていただきました。

     最後の日記編を読んでから33話、34話を読み返すとなんだかものすごく切なかったです。
     作中のクマのぬいぐるみも、もの凄く重要なキーアイテムだったんですね。

     ここまで読んできましたが、時間SFものは好きなので凄くよかったです。
     引き続き追憶編のほうも読んでいきますね。 
      

    作者からの返信

    最後の日記編まで読んで下さりレビューの星までいただきありがとうございます(*´∀`)心のこもったコメントも本当に嬉しかったです♪
    ちなみにこの回最後の一文を読んだ後にプロローグに戻るとある事が分かります(^w^)
    追憶編はあの言葉の理由や日記の秘密、二人の学生の頃の出会いも出てくるのでお楽しみに(^-^)

    2019年1月3日 10:01

  • 第27話○七夕へのコメント

    叶いますように!

    作者からの返信

    お優しい…あき(省略失礼)さんにもあの言葉が届きますように(ノд<)

    2018年12月21日 13:30

  • 第20話○恨みの矛先へのコメント

    たしかに、それは折れる。

    作者からの返信

    詳しい過去は追憶編に書いてますが、今までに出てきた○○の真実に救われます(^-^)

    2018年12月21日 13:30

  • 第14話○薬へのコメント

    これは、なかなか。
    ふふふな感じですね。

    作者からの返信

    ほんとふふふですよね(^w^)

    2018年12月21日 13:30

  • 第1話 プロローグへのコメント

    頭のなかに
    前前前世が……

    作者からの返信

    前前前世が浮かんだなんて光栄です(^-^)
    ちなみに伝えたかった想いは暗号になって出てきて読者の方への思いでもあるので伝わりますように(*´ω`*)

    2018年8月16日 21:13

  • 第2話○邂逅へのコメント

    彼女がどう行動すれば、この二話に繋がるのか、先が気になる展開と、後に伏線になりそうなエピソードの多さに、ずっとワクワクさせられています。
    タイムトラベルものの話が大好きな私にとっては、早くすべて解明したい気持ちで、一気に最後まで読みたくなりました。
    『君の名は。』に影響を受けた作品と拝見しましたので、終盤で初めて分かるような展開には、少し期待しています。

    とはいえ、まだ序盤しか読めていなく、伏線も理解できない状態のため、今は大した感想は書けません。これから少しずつ、楽しく読ませていただきます。

    作者からの返信

    丁寧に読んでいただきありがとうございます。一気に読みたいと少しでも思っていただけて嬉しいです。
    色々あって途中で書くのを諦めていたけど「君の名は。」を観て色々なことを思い出し、最後まで書くパワーをもらったので「おかげで」と書いています。
    小説に出てくる歌は昔誰かに歌って欲しくて作った歌でツイッタープロフィールURLから聞けるのですが歌詞なども後で重要になったりします。
    一応3部作でそれぞれの最後で全てが繋がり、題名や序盤の意味が分かる小説を目指しました。タイムリープした理由は君の声編、不思議な声の正体は最後の日記編、日記や名前の秘密は追憶編で明らかになり、全てが運命だったかのように現在過去未来が繋がっていきますのでお楽しみに…
    蒼樹さんにも暗号の想いや最後のメッセージが届きますように☆

    2018年4月29日 07:47 編集済

  • ○追憶編最終話~あなた~・本当の後書きへのコメント

    ourskyさま

    こんにちは。追憶編読了致しまして、恐れ多いですがコメントを失礼致します。

    本編では見えていなかった部分の繋がりが見え、より胸が切なく苦しくなりました。ourskyさまの書かれる文字からは溢れ出る感情を強く感じます。それでいて繊細で優しい。また、ペンネームにも想いがたくさん滲んでいたのだと言う点に感無量でした。

    初めての恋に悶える春香ちゃんの描写は高校生らしい甘酸っぱさがいっぱいで、きゅんとしました。辛いシーンもありましたが、春香ちゃんの初恋がすごく素敵な人だったことに、どうしてか親のようにほっとしてしまいました(感情移入しすぎですかね...すみません)大学生になって、社会人になって、春香ちゃんは幸せなことも、辛いこともたくさん経験しますが、それらの全ては運命で......歌はもちろんだと思うのですが、わたくしは空という場所にも夢や奇跡は注がれているのではないかな、と言う風にも感じました。その空がこの物語に奇跡を降らせているような、そんなイメージと言いますか......(なんだか的外れでしたらごめんなさい)人とのご縁・繋がりを本当に大切に描かれていて、ourskyさまのお優しい人柄も現れているように思いました。

    どの場面も素敵なので決めがたいところはあるのですが、印象が特に強かったのは、ファミレスのシーンです。あのおまもりによって、春香ちゃんがしまい込んだつもりでいる想いが、春香ちゃんの知らないところで繋がった瞬間を見た気がして、いい意味でゾクっとしました。あとは日記の秘密ですね。ネタバレになりすぎると申し訳ないので伏せますが、春香ちゃんが手にするに相応しい日記だったのだと感動致しました。

    もっといいことを伝えたいのにと思うとなかなか纏まらないですね...すみません。
    改めて、目頭が熱くなる本当に優しい物語をありがとうございました。お話し頂いていた話タイトル『プレゼント』も、とても嬉しかったです。ourskyさまのますますのご活躍をお祈りいたしております。

    今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

    作者からの返信

    熱でダウンしていたものでさっき見ました(×_×)ものすごく素敵な表現の感動するコメントありがとうございます(;_;)
    感情移入して読んでいただけでとても嬉しいです(^-^)空が繋いだ奇跡ってあるかもしれません☆サビに初めて作った曲の題名『空を見上げて』という歌詞がある先輩の歌を聞いて追憶編の最後のピースがはまったので(^w^)
    自分でも書くと思っていなかったファミレスの話や日記や名前の秘密などを書いて全てが繋がることができたのは読んで下さった方のおかげです(*´∀`)♪小説の中で何かしらプレゼントがしたかったので最後のメッセージも届いてよかったですp(^-^)q本当にありがとうございました☆

    2018年1月30日 18:17

  • ○追憶編最終話~あなた~・本当の後書きへのコメント

    完結お疲れさま&おめでとうございます!
    最後まで読ませていただきました。

    この小説には一度では言い表すことができないほど、たくさんの想いが溢れていて……。
    読む度に、気づきと切なさが心に残りました。

    春香の過去を改めて知ると、悠希との出会いが彼女にとって、どんな意味が会ったのか、その意味が伝わってきて切なくなりました。
    過去や未来の要素が繋がっていく様にも、感動しました。

    新たに出てきた歌もよかったです……!
    私が一番好きなのは『あなた』ですね。
    歌詞が物語の内容、想いを端的に伝えていて心に残りました。
    聞かせて頂いたのですが、曲も一番好きです。

    ちなみに読んでいて、優歌にはびっくりしました。
    コメントには書きませんでしたが、名前が出てきたとき、勝手に一人で盛り上がっていました。偶然ではないですよね(間違ってたらごめんなさい)。

    最後に、応援と言ってはなんですが、レビュー内容を更新させて頂きました。
    この物語が、より多くの人に出会えますように。
    素敵な物語を、ありがとうございました!

    作者からの返信

    最後までお読みいただけただけでなく、ハートで応援や感動する応援コメントやレビュー(内容を更新までしていただき)本当にありがとうございました(о´∀`о)
    昨日ツイートしたURLから聞ける『あなた』が一番好きな曲と言っていただけて嬉しいです(*´∇`*)
    名前は偶然じゃないです☆希望が生まれた話の中でメッセージが届いてよかったです(*´∀`)♪
    この物語が、より多くの人に出会えますように……と応援して下さって本当にありがとうございました(/_;)

    2018年1月28日 12:00

  • ○追憶編⑫~ファミレス~へのコメント

    春香の結婚相手が出てきたりと、過去の出来事が段々と明らかになってきましたね。

    それにしても、確か前に書かれていたと思うのですが、本当に悠希とファミレスですれ違っていたんですね……。
    本編を読んで二人の想いを知った後だと、辛いです……。

    作者からの返信

    いつも読んでいただきありがとうございます☆おかげさまで後半ですp(^-^)q
    「そんな頃からすれ違ってたんだね~」とわざと明るい声で言った理由の回でした。
    色々なことが最後の日記編までの言葉や追憶編内の話に繋がっていくのですが、10話までに出てきたある名前に秘密があったり読んでくれた方へのメッセージを隠したりしてます(^w^)
    泡沫さんにも今後登場するある人物に向けて最後に言った言葉が届きますように(^-^)

    2018年1月18日 21:08

  • ○追憶編①~誰も知らないはずの歌~へのコメント

    お久しぶりです!

    今日、更新されていてびっくりしました。
    まさか、続きが読めるとは思っていなかったので、嬉しいですね。

    近況ノートの方も見ました。
    どんなサイドストーリーが展開されていくのか、楽しみです。

    作者からの返信

    早速のコメントありがとうございます☆まさか続きを最後まで書けるなんて思っていなかったので自分でもびっくりです(*´∀`)サイドストーリーというか3部作みたいになるかもしれませんf(^_^)
    背景にある秘密を書くことについて最初は迷いましたが、読んだ方が少しでも幸せになれるきっかけになればいいなと思い連載を再開しました。泡沫さんへのメッセージも途中で出てくるかもしれません(^w^)

    2018年1月7日 17:47

  • 第44話■最後の日記⑨~暗号の想い~へのコメント

    ourskyさま

    こんばんは。恐縮ですがコメント失礼いたします。

    暗号が分かったとき、どんなかたちであれ、人を好きになって心の底からそう思えるのは本当に素敵なことだなと感動致しました。

    レビューには書けなかったのですが、個人的にはタイトルの真実にも驚愕してしまいました。(応援コメント見られてから読まれるかたいらっしゃると思うので結果ここでも深くはかけませんが...)まさかのお誕生日祝いと声に、ただただ拍手を送りたいです。

    もっと上手くこの作品のよさを伝えたかったのですが、語彙力が低いばかりに申し訳ありません...。ただ、この作品と巡り会えて本当によかったです。
    2017年最後に幸せな読書タイムをありがとうございました。

    作者からの返信

    暗号の思いが届いてよかったです。心のこもったレビューと感想をいただき本当にありがとうございます(^-^)
    とても素敵な表現のコメントをいただけただけでなく、他の方にも最後まで読むことを強く勧めてくださるなんて……(/_;)
    こんなありがたいレビューをいただけるなんて思っていなかったので、朝見て嬉しくて泣いてしまいましたf(*´∇`*)

    読んだ後に題名の意味が分かる小説を目指して書いたので感無量です。
    確かに狙って書いたのではなく、夢で見たことやただ純粋に浮かんだ言葉だけを集めた小説なので感動していただけて嬉しいです。
    小説に出てくる曲はツイッターのプロフィールから聞けるのでよかったら色々聞いてみて下さいp(^-^)q

    柳生さんのおかげである決心がついて頑張る勇気が沸いてきてました。今年最後に感動するコメント本当にありがとうございました(*´∀`)

    2017年12月31日 10:03 編集済

  • 第44話■最後の日記⑨~暗号の想い~へのコメント

    ようやく最後まで拝読させていただくことができました。

    感想は主にレビューの方に書かせていただいたのでそちらを見ていただければと思います。

    伏線や謎については、何度も読み返しながら、頭を抱えてしまいましたが、最後の暗号はきっと私に届いていると思います。

    この作品にかけるourskyさんの想いがとても伝わりました。

    どうかこれからも、創作し続けていってください。小説が伝える作者の思いやメッセージは、エンタメ性を追求している現代の日本の小説界が失いかけている大切なものだと思います。

    拝読できて良かったです。

    作者からの返信

    素晴らしいレビューや感想をいただき本当にありがとうございました(*´∀`)
    小説の謎については推理好きの方向けに後付けしたものなので暗号の想いが届いて本当によかったです(^-^)
    実は一度「■君の声」で完結した後、ある俳優さんの一言がきっかけで不思議な声の謎や今までの行動の理由に繋がる「最後の日記編」を書き始めました。
    (ちなみに近況ノートに書きそびれましたが最終話のラストが後書きの暗号に繋がります)
    後書きが中盤にあるという斬新過ぎる小説にも関わらず最後まで読んでいただき、この物語が好きと言っていただいて嬉しかったです。
    漫画とかなら最後に浮かんだ絵も届けられるのでしょうけど絵心がないものでf(^_^)
    小説が伝えるメッセージが現代の失いかけている大切なものだとまで言っていただけて光栄です。本当にありがとうございました(^-^)

    2017年12月7日 07:56

  • 第21話■涙へのコメント

    ourskyさんこんばんは。

    前回少ししか読めなかったので今回は一気にここまで読ませていただきました。

    旦那のいる春香と、彼女に複雑な思いを抱く悠希のもどかしい恋模様が、読んでいるこちらにももやもやさせるような雰囲気を出していて、素敵です。

    カラオケのシーンも両視点から描く鮮明さが両者のすれ違いを体現しているようで面白いと思いました。歌詞も音数を気にしながらよく描けていて美しいと思いました。

    主に文章表現についていくつか気になった点はありますが、愚見を申し上げるのは後にして、まずは作品を最後まで読み深め、楽しみたいと思います。

    また読みに来ます。

    作者からの返信

    素敵と言っていただけたり、カラオケの歌詞の感想までいただけて嬉しかったです。
    昔作った曲なのでツイッターのプロフィールから聞けるのでよかったら歌って下さい(^w^)
    最後まで読んで下さるなんてありがとうございます。色々あって蒼生さんの作品も最近読めていませんでしたが改稿が終わって最後まで読めるのを楽しみにしています(^-^)

    2017年11月25日 20:36

  • 第6話○おそろいのクマへのコメント

    誤字報告失礼します。

    調度→丁度

    作者からの返信

    誤字報告ありがとうございます。落ち着いた頃にまとめて直そうと思うので他にもあったら言って下さいp(^-^)q

    2017年11月25日 20:35

  • 第44話■最後の日記⑨~暗号の想い~へのコメント

    ようやく、最後まで読めました。
    続きがずっと気になっていたので、一気に読ませていただきました。

    最後に、二人が会えて本当によかったです。
    彼女の想いが、その奇跡を起こしたと思うと……、切ないです。

    悠希くんの最後の言葉、きっと彼女に届いたことでしょう。

    作者からの返信

    最後まで読んで頂き、星3つや初レビューまで書いていただき本当にありがとうございました。
    びっくりしたし素敵な表現で的確に紹介していただけてとても嬉しかったです。
    感想の言葉もあったかくて、どこまでも不器用な二人が救われた気がしました。
    今、暗号に隠したメッセージと同じ想いです。
    ログインしなくてもツイッターのプロフィールURLから聞けるのでよかったら曲も聞いてみて下さいね。

    2017年11月6日 09:17

  • 第1話 プロローグへのコメント

    途中までですが、拝読しました。
    自分の勝手な印象ですが、この物語りはまるで、何枚もの写真たちのようです。
    懐かしいアルバムを眺めているような、そんな気持ちにさせられます。
    「今はもう会えないけれど、どうしても会いたい人」
    きっと誰にだって、そういう人がいる。
    「一緒にいられないのならせめてその人の生きる希望になりたい」
    私事で恐縮ですが、自分は、生きる希望になりたかったけど、それよりも消えてしまいたい、と思う過去がありました。
    「最後の日記」はどこに向かうんだろう?
    勝手な感情移入を込めて、応援させていただきます。

    作者からの返信

    丁寧に読んで応援していただきありがとうございます。懐かしいアルバムのようと感情移入していただけて嬉しいです。
    私も消えてしまいたい思ったことがあります。でも小説を書いている途中、あることに気付かされました。(詳しくは後書きで……)
    なんでもない文章の中にさりげなく後で重要なことを隠したり、近況ノートに小説についての謎を残したり、伝えたい想いを暗号にしたりしてます。
    全てが繋がり後書きを挟んだ前後それぞれの後半で、不思議な声の謎や題名の意味が分かる小説を目指して書いたので続きをお楽しみに……

    2017年11月5日 09:01

  • 第21話■涙へのコメント

    コメント失礼します。
    今日、物語は完結したようですね。おめでとうございます。

    私はまだ半分ほどしか読めていないので、先が楽しみです。

    カラオケの歌の歌詞が、切ないですね……。二人の心境の変化も、丁寧に描写されていて、心にくるものがありました。

    ゆっくりと、これからも読んでいきたいです。

    作者からの返信

    丁寧に読んでいただきありがとうございます。カラオケの歌の感想までいただき嬉しいです。後半にもう1曲出てくるのでお楽しみに……
    近況ノートの「涙」で何を思い出しますか?にも書きましたが、実際にある「涙」という曲がこの小説を書くきっかけの一つでした。誰の曲かという答えが小説の中にあって、題名や更新時間もヒントになっています。
    ちなみにそのアーティストのある曲が「カラオケ」の話を書くきっかけになった曲です。

    2017年11月1日 22:57 編集済

  • 第1話 プロローグへのコメント

    拙作のコメントの方に、歌が出てくるなど共通点があると言われたので、プロローグだけ読ませていただきました。
    確かに似ていますね。

    文章から醸し出される、雰囲気が気に入りました。
    これからも、時間のある時に読ませていただこうと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。雰囲気気に入っていただけて嬉しいです。他にも歌があるとのことで読むのが楽しみです。
    実は小説に出てくる歌は昔自分で作詞・作曲した歌でして……詳しくは近況ノートの「誰も知らない歌の理由」と「~君の声~の理由」に書いていますが、小説や更新時間に隠した謎の答えも後々書いていく予定なのでよかったら色々覗いてみて下さいね。

    2017年10月25日 22:29

  • 第5話■絆創膏へのコメント

    とても面白いです。今5話まで読みました。

    引き続き、読んでいこうと思います。

    作者からの返信

    レビューの星と応援コメントありがとうございます。初めてでびっくりしたし本当に嬉しかったです。後で分かる色々な伏線を書いても読まれること自体がないだろうなと諦めかけていたので元気出ました。引き続き読んでいただけるなんてありがたいです。更新頑張ります。

    2017年10月18日 20:41