同じ夢を見ていた

作者 タカテン

89

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

中華料理の知識を持つ高校生の少年と、読書姿が似合う完璧ヒロインを結びつけたのは、天津飯だった。

眠りの夢の中だけで巻き起こる、コミカルなファンタジーの物語。それが愉快な学校生活と並行して語られる様子は、気軽な『日帰りファンタジー』という、ちょっとした非日常感にとてもマッチしていますね。会話が軽妙でテンポ良く笑えて、短時間で読めるのに満足感は十分。

一見すると完璧超人なヒロイン、当然ながらただそれだけで終わらせないキャラの立たせ方も素敵。天津飯おごって食べてるのをずっと眺めていたい。そんな子。かわいい。

だいたい、タイトルが詩的な感じでタグを見たらクソ懐かしい田村くんとか何故かファンタジーで天津飯とか、もう、この時点で何が何やらと心掴まれますよね。
そしたら、これは読むっきゃないでしょう。

★★★ Excellent!!!

テンポのよい会話、地の文もサクサクいけて、あっという間に一気読み!

ヒロインのキャラもいいけれど、友人キャラが見事に友人キャラの立ち位置を演じきっているのがまた見事

天津飯というマクガフィンがまたいい味出してて、軽妙なラノベを堪能させていただきました

近所の中華料理店に天津飯あったかな?

★★★ Excellent!!!

高校生の新垣賢人は、毎日同じ趣旨の夢をみる。
夢のなかでなにかしらのモンスターになって、女勇者と戦うのだ。
なぜか女勇者は、ひそかに恋心を抱く姫宮愛理と瓜二つ。
やがて、現実世界でもふたりは急接近するように……。
ふたりを結ぶ鍵は――天津飯!?
天津飯の天津飯による天津飯のための小説がいまここに爆誕!

★★★ Excellent!!!

姫宮愛理のキャラクターがとんでもなくおもしろい作品でした。

成績優秀で、趣味は読書。
でも勉強のみならず運動神経も抜群で、さらに料理も上手く、裁縫もお手のもの。
これで誰にも優しく、例えば読書中でも話しかければ迷惑そうな顔ひとつしないでにこやかに対応してくれるのだから、まさに完璧超人

なのに……なのに……!!!
よだれは垂らすわハァハァするわ……。
あと、どれだけ天津飯が好きやねんw
読んでいて何度も笑いました。
公式が病気……うん、意味がよく分かったw

キャラクターの関係やストーリーは割と王道なのですが、抜群にキャラクター造詣がうまいんです。
あとは軽妙な話運び。ところどころネタが入っていて中だるみせずに楽しんで読むことができました。

作中に出てくる
『異世界でも美味しい天津飯を食べたいので勇者をやります』
これ、ものすごく読んでみたいと思いました。
誰か書いてくれないかなー……?

★★★ Excellent!!!

主人公とヒロインが同じ夢を共有し、その夢の核心に迫っていく物語なのですが――ものすごく分りやすく、そしてテンポの良いラブコメです!

余計なことは考えず、ただただ楽しく読める作品です。キャラが良いし、ギャグが面白いし、読後感も良いです!! 全てにおいて良い塩梅のラブコメに仕上がっています。

とくにヒロイン・姫宮さんのキャラは秀逸で、ギャップ萌えの極致です。物語の軸に「天津飯」なる素材を打ち込んだ所に、作者のセンスと狂気を感じさせます。あと、腹が減ります……

メタ的な要素もありますが、そこは隠し味といった感じで楽しめれば、より一層楽しめるでしょう!!

さぁ、世界一の天津飯を召し上がれ!!

★★★ Excellent!!!

完璧なヒロインに恋い焦がれる、ザ・平凡な主人公。
ヒロインの秘密と悩みを知ってしまい、その解決に(諸々の事情もあって)協力することに。

展開は王道で何とな~く先の流れは想像がつく。だというのに、どう着地するのか直前までわからない。
この匙加減が絶妙で、各話ごとに「次はどうなる?」が持続して最後までずっと物語に引き込まれてしまった。
読了後は「くぅ~、お見事!」と思わず漏らしてしまったほど。

そしてまた主人公を取り巻くヒロインと友人のキャラがいい。
ヒロインをキャラ崩壊させた「あのシステム」って、本当に誰が考えたんでしょうね!?
友人も二人の変化をいち早く感じ取り、絶妙なフォローをするとてもイイ奴。
いいなぁ、こんな青春時代を送りたかったなぁ!w

そして最後に……天津飯はとろみが大事よね(何を言っているんだ私は)。

★★★ Excellent!!!

日本が生んだ中華料理、天津飯。その魅力を1つの軸に、何故か2人で同じ夢を見ている主人公とヒロイン(=天才ラノベ作家)の物語は進みます。


作中作の『異世界でも美味しい天津飯を食べたいので勇者をやります』がとても興味深い。むしろスピンアウトでそれを読みたい。そんな引き込み力がありますね! あーもうレビュー書きながら天津飯食べたくなってきた。

構成としては1話1話の説明量や次話への引きが上手な作品だなあと感心して読んでおりました。皆様もぜひ、天津飯の魅力に取り憑かれて下さい!

★★★ Excellent!!!

天津飯が大好物のスーパー女子中学生、姫宮愛理。
本場の味を求めて、卒業旅行で七泊八日の中国旅行へ。
そこで明らかになった衝撃の事実が、彼女を打ちのめす。
何も手につかなくなった彼女を救ったのは、一軒の中華料理屋だった。
そのとき現れる謎の高校生、新垣賢人。
彼と中華料理屋との不思議な関係が、究極の天津飯を求める旅へと二人を誘うのであった。

★★★ Excellent!!!

日帰りファンタジー短編コンテストの作品をいくつか読んでいますが、駆け足になったり、詰めこみすぎたりという作品が多い中、この作品は非常に構成的にバランス良くきれいにまとまっています。
読んでみればわかりますが、掴みもしっかり笑いと不思議な感覚でガッチリと。
そこからの展開も飽きさせません。
お手本のような日帰りファンタジーラブコメでしょう!
ぜひ皆さんもご一読を!

Good!

天津飯。
それは日本生まれの中華料理。
今まで、これ程までに天津飯を賛美した小説があっただろうか? いやない!
ヒロインは才色兼備なのに天津飯が絡むと残念なのがカワイイ!
作中作『異世界でも美味しい天津飯を食べたいので勇者をやります』(略称『天津飯勇者』)ってなんだよwww
勇者の目的が天津飯を作ることってどんだけ天津飯好きやねんwwww
明日のお昼に天津飯食べよーっと!

★★★ Excellent!!!

日帰り異世界企画作品。
主人公がヒロインのために頑張る、というのは定番なのですが、その内容が究極。
エターナルなものをエターナルじゃなくする。
これがいかに難しいことでかつ重大な問題であるかは、カクヨムなどのウェブ小説の読者、あるいは書き手ならば分かるはず。
でも、面白いシリーズは終わってほしくないし……というジレンマもあるのですが。
そこを上手くまとめたラストがとても良かったです。

Good!

天津飯勇者という、なんのこっちゃいと首をかしげるようなキャラ立ちを素晴らしく思いました。

ヒロインのために努力できる主人公も、大好物の天津飯から心変わりするヒロインも、誰かのためにという前向きさを感じられて、好感がもてました。

わたしたちの田村くんというワードにニヤリとしたお兄さん方は、きっといるはず。

★★ Very Good!!

天津飯を介したボーイミーツガール。
主人公がいい意味でバカ、ヒロインもある意味バカで好感持てる。
ただバカな言動がキャラを薄っぺらくしてしまってる感はある。
それと二人が同じ夢をなぜ見たのかとかファンタジー戦闘シーンがそもそも必要だったのか何か収拾選択がおかしい感じがした。
自分なら最初から実家の店に来た奇天烈な言動垂れ流す天津飯大好きヒロインという形で最初に登場させてファンタジーパートは劇中劇にするなと考えたりもする。
まー、何も考えずに読むのが正解なのでしょうけど。

★★★ Excellent!!!

新垣賢人は夢の中で魔王となって、女勇者と終わらない戦いを繰り広げられていた。この女勇者あまりにもワンパターンすぎて楽勝すぎる。
賢人は内心飽き飽きしていたが、これは全部夢の話。
起きれば憧れのクラスメイト姫宮さんに会うために、うきうきとして学校へ。
しかし、姫宮さんには秘密があった。それにはなぜか夢の女勇者と関係があるらしいのだが――。


ええと、読んでいただければわかるのですが、本作はお腹が空く小説です。特に天津飯を食べたくなります。
だって女主人公の動機やら、姫宮さんやら、賢人やら、全部天津飯に通じているのですから。全ての道は天津飯に通ず!(上手いこと言ったな俺)
つまりこれを読めば今日の夕食は天津飯で決まり!ってな具合で。
夕食のメニューに悩む奥様方、これを読んで夕飯は天津飯にしましょう。もしくは旦那を説得して中華料理屋へGO!

(真面目な話、天津飯を通じた青春小説です。天津飯ジャンキーの姫宮さんのために頑張る賢人君、カッコいいですよ。おすすめです)

★★★ Excellent!!!

タイトルだけみて、ほんわか爽やか系の話かと思いきや突如始まる魔王との戦闘。しかも主人公は魔王の側のようだ。この展開からしてすでに予想を裏切られているのにもかかわらず、さらにこの作者は追い打ちをかける。それは主人公とヒロインが見ていた同じ夢だった――。

これは天津飯と若さが躍動する青春ドラマである。
最後まで読んだとき、きっと作者のピュアな思いに辿り着くだろう。
まずは頭を空っぽにして読んでいただきたい。

★★★ Excellent!!!

主人公の賢人くんを全力で応援したく……なりませんでした。

苦笑いを浮べながら、(お前も大変だなぁ。ま、せいぜい頑張れよ)というテンションで見守りたくなりました。

天津飯、っょぃ

★★★ Excellent!!!

突然、憧れの相手が夢に登場し、憧れの相手も同じ夢を見ていて、しかも実家の天津飯を愛する常連だった……爆発しろよと読者に思わせつつも、そう簡単には進展しない問題があって……。

ほのぼのとしつつも、先が気になる仕掛けもあるハートフルな異世界冒険。
ヒロインの天津飯への愛と執念、いつか主人公へ向いて欲しい。