俺のちっぱいエルフはラノベ作家

作者 真白 小雪

60

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文学部のふたり。
たわわ派の小生、犬飼君は純文学派。
ちっぱい先輩はラノベ派。
ともに絶賛スランプ中の彼らが、異世界を訪れスランプを脱出する。

不器用だと思っていた犬飼君の度重なる真面目なボケに吹き出しました。
異世界を訪れる度に重ねられるボケは極上の天丼です。もうね、ズルいです。面白いのですよ。

独特の世界観に、文学部が異世界でスランプを脱出するという面白い切り口。とても幸せな甘々なラストも大好物でした。

是非、文学部の珍妙なふたりが織り成す物語をあなたもお試しください♪

★★★ Excellent!!!

日帰りファンタジーコンテスト参加作品ということで、拝読いたしました。
まさしく『日帰り』で、『ファンタジー』なのです。
今作は仕掛けが施されており、タイトルがいきてきます。
犬飼くんと猫野先輩の、ほのぼのとした会話、異世界へスリップするときに必ず叫ぶ犬飼くん、微笑ましいのです。
こんな高校生たちだと、陰湿なイジメなどないのでしょうね。
コンテストに相応しい、心温まる一品です。

★★★ Excellent!!!

文芸部のふたりがエルフさんのいる異世界に転移して、自作の小説を披露するお話です。
ふわふわ可愛いネココ先輩と、ちょっとヘタレなイヌコくん。
ずっと夢の中にいるようなふんわりした世界。
優しくて、甘酸っぱくて、可愛らしい作品でした。

★★★ Excellent!!!

同じ文芸部に所属する、ライトノベル書きの猫先輩と後輩の犬君が、ひたすらラブい話。会話の感じが、完全に夫婦漫才です。現実には、なかなか伝えられないちょっと恥ずかしい思いを、作品の中で表現する二人は、青春のまっただ中ですねえ。

ワイも、こんなプラトニックな恋を、中高生時代に経験したかったぞおおおおおおお(男子校出身者心の叫び)。

★★★ Excellent!!!

この作者さんの作品の良さはその語り口と雰囲気だと思ってます。
そこから紡がれるキャラクター、ストーリーがまたなんとも魅力的なのです。
今回の話はタイトルの通り!の不可思議さですが、楽しく読み進めていけます。
イヌコとネココのなんとも可愛い関係性と、楽しい会話の数々、さらに楽しいエルフさんも登場で、なんともにぎやかなストーリー。
さっくりと読めるのに、なにかホワッとしたものが胸に残ります。
ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

こちらの作品は、異世界系の中では異色の作品になるかもしれません。しかし、とても心和む世界観と語り口は、まさに癒し系と言っていいかと思います。

作中にややシリアスな問題を含ませながらも、ストレスフリーで読ませるところや、読者を楽しませようとするあたりは、作者さまの力の入れようがうかがえます。

この楽しませようとする心配りが和みになり、作者さまの世界観にはまる方もいらっしゃるかと思います(私もその一人です)

内容は、異世界でのエルフとの交流を通じて大切なことに気づくストーリーです。主人公とヒロインのやりとり、エルフとの交流の中にキラリと光る笑いのセンスも見所です。

ぜひみなさま、一読して心温まる作品に触れてみてください。オススメですよ!!

★★★ Excellent!!!


 ひょんなことから異世界に飛ばされてしまう、文芸部の男子と女子。
 そこで二人はエルフ相手に小説を書いてあげるのだが……。

 題名から想像できる通り、なんだこりゃな異世界小説。同じようなシチュエーションで同じようなことをいって毎回異世界に飛ばされる二人。果たしてイヌくんの想いはネコ先輩に届くのか? そして二人が書く小説の結末は? 最後に二人はあの強大な魔王を倒すことが出来るのか? ただし魔王は本作ではまだ出てきていないのだが。

 ちなみに、同じシチュエーションを繰り返すこの手法、俗称「天丼」であるが、他の作品でも何度か見せてもらっおり、これが案外笑いを取るのに効果的であるようだ。これから結構流行るかもしれない。

 作者はこの「天丼」手法と「ちっぱい」を併用してきているあたり、なかなかのセンスの持ち主ある。しかも作中に漂う、微エロ(笑)。あれが純文学というものなのだろうか。
 ニヤニヤしつつ読めるため、表情筋が固まっている人にはお勧めだ。本作で「バイバイ、ほうれい線」である。

★★ Very Good!!

何かに行き詰まりを感じたときには、現実逃避もたまにはいい。

逃げた先でなくした何かが見つかるかもしれないから。

そんな気持ちにさせてくれる物語。

作者様の楽しく書いてらっしゃる様子が目に浮かぶようです。

★★★ Excellent!!!

文芸部のあこがれの先輩とは好きなジャンルが違うけど、それでも一緒に創作したい。そんな不器用な男の子が先輩と一緒に異世界でエルフになっちゃった!
でも冒険なんかしません。書いた作品をエルフのみなさんに読んでもらったら……

カクヨム作家でスランプに悩んでる皆様、ちょっと読んでみてください。
ほっこりしますよ♪

★★ Very Good!!

 脳みそがとろとろふわふわになりそうな、とてつもなくゆるゆるな異世界です。
 現実と異世界がここまで違うと、もはや目眩を覚えてくるような感覚に陥っていきます。
 私のなかにあるエルフというイメージを容易に溶かしてしまう衝撃の作品でした。

★★★ Excellent!!!

高校の文芸部に所属する犬飼君は、人付き合いの下手な純文学派青年。
そんな彼が思いを寄せるのは、同じ文芸部の先輩であるライトノベル派の猫野さん。

そんな二人が、彼のとある行動をきっかけに突然異世界に転移してしまいます。
しかも、転移すると二人はなぜかエルフに変身!?
周りをエルフに取り囲まれ、にわかエルフの二人はどうする!?

エルフになったことをきっかけに書いた二人の短編小説が作中作として描かれているのも面白い構成です。

ちょっぴり不思議で、くすりと笑えて、柔らかくてなんだかあったかい。
そんなファンタジーな雰囲気が醸し出ているこの作品。
読み始めるとなんだか癖になってしまいます!

Good!

ふわふわとした文体は児童向けファンタジーのようで、世界観と合っているように感じました。

純文学とライトノベルを愛する二人が本当に愛しているのは……読んで確かめましょう。

真面目なのはここまでです。

ちっぱいエルフ先輩が気になったらぜひ読んで見ましょう。

恥ずかしがることはないのです、文学を愛する心は自由なのですから。

ちっぱい最高。

ただし、思わず呟いてしまわないように。

★★★ Excellent!!!

すみません、このネタだけで脳みそがイカれてしまいました。
無理やりもここまでくると妙なリアリティに進化してしまうのだな、と笑いながらも、頭の固い純文学的なコダワリが徐々に崩壊していくさま(実際は純文学的な描写がすでにネタ)に筆者の矜持を感じます。
(実際、犬君並みに空気読めない人、いますからね)

ぜひ、作中の空気を感じて欲しい、そんな作品です(笑)。