厄災は目覚めず

作者 饗庭淵

それを開けるなんてとんでもない!

  • ★★★ Excellent!!!

前作に引き続き、ファンタジー世界で犯罪捜査をするお話です。
今度の相手は災害のような危険極まりない魔術師を目覚めさせようとする狂信者集団。しかしあらすじにもあるようにそもそもが成功するはずのない無謀すぎる試み。主犯であるカティアの目的は何なのかというサスペンスのようなミステリのようなテーマです。
あいかわらず設定やシナリオの展開の緻密さと魔術戦闘の面白さが素晴らしいです。特に終盤の展開はぐっと引きこまれました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

アワユキさんの他のおすすめレビュー 15