雲間の別鶴

作者 結城かおる

宮中に伝わる古い悲恋物語を追体験する

  • ★★★ Excellent!!!

ひとりの女官が、かつて古い時代に池に沈んだ宦官の情念(怨念!?)に振り回されるお話です。
というと、ホラーかもしくはラブコメか、と誤解されてしまうかもしれませんが、ラブロマンスです。
どこか無邪気で素直な木蘭には、絡まり合う愛憎は少し難しかったかもしれません。それがなんだか少し可愛らしくもあり、重厚な世界観や文体でありながらするする読めます。漢字の散りばめられた中華世界観ならではの文体はむしろテンポがよく読んでいて気持ちよく、酔っ払ったり恋について考えたりする木蘭を逆にコミカルにしている印象です。
彼女とこの宦官が将来どうなるのか気になって仕方がない!
彼女が主人公のお仕事ものも面白そう、とか何とかいろいろと宮中を想像させてくれるお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

丹羽夏子さんの他のおすすめレビュー 320